新型シビック タイプRの無限チューニング仕様「RC20GTパッケージ」のプリプロダクションモデルをオートサロンで公開!

新型シビック タイプRの無限チューニング仕様「RC20GTパッケージ」のプリプロダクションモデルをオートサロンで公開!
     
   

出典元:http://www.mugen-power.com/automobile/products/RC20GT/

新型シビック タイプR(FK8)の無限チューニング仕様「RC20GTパッケージ」とは?

オートサロン2018で公開された「無限 RC20GTタイプRコンセプト」 

出典元:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Osaka_Auto_Messe_2018_(115)_-_MUGEN_RC20GT_CIVIC_TYPE_R_Concept.jpg

現行のFK8シビック タイプRといえばニュルFF市販車最速ラップを叩き出したのみならず、2018年に行われたシビック タイプRチャレンジにおいてフランスのマニクールサーキット、ハンガリーのハンガロリンクなどヨーロッパの名だたるサーキットのコースレコードを軒並み更新したことも記憶に新しいのではないでしょうか。

ホンダファンのみならず”走るクルマ”に目がない層にはたまらないモデルです。

日本に現行のFK8シビック タイプRが登場したのは2017年9月。翌年の2018年の東京オートサロンの無限のブースには、デビューしたてのFK8シビック タイプRをベースにして製作されたコンセプトモデル「無限 RC20GTタイプRコンセプト」が展示されました。

誰もが夢見る「究極のタイプR」をテーマに開発されたこのモデルはエクステリアにふんだんにドライカーボンを使用し、ブレーキキャリパーやブレーキパッドも専用品に。

フロントのみならずリアシートにもバケットタイプのシートがビルトインされ、ロールゲージも備えた公道走行は不可能なサーキットアタック用のモデルでした。

無眼がタイプRにかける情熱がそのまま反映されたようなこのコンセプトモデルは2018年の東京オートサロンのハイライトの一つともいえる存在感を放っていたといっても過言ではないでしょう。

コンプリートカーではなくカスタムパーツキットとして販売

出典元:http://www.mugen-power.com/automobile/products/RC20GT/

そのコンセプトモデル「無限 RC20GTタイプRコンセプト」の発表から1年、今年2019年の東京オートサロンでは「シビックタイプR無限RC20GTパッケージ・プレプロダクションモデル」が公開されました。

これは2018年の「無限 RC20GTタイプRコンセプト」をさらに”究極のタイプR”としてのコンセプトを突き詰め、空力性能や冷却性能などを向上させてサーキットで鍛え上げたプレプロダクションモデルです。

今回無限はコンプリートカーとしてではなく「RC20GTパッケージ」というカスタムキットとしてリリースするとのこと。

このキットではサーキット専用車ではなく公道走行が可能な仕様になっているようです。

かつて発売されたコンプリートカー「シビック無限RR」

出典元:https://hondacars-nozaki.com/mizuno/fd2-rr/

無限は2007年に無限初のコンプリートカーである「シビック無限RR」を販売したことがあります。

このモデルはホンダから無限RR専用仕様・装備車が供給され、そこに無限が架装を加えた豪華モデルです。

カスタム&パーツカテゴリの最新記事