【今さら聞けないクルマの基礎知識】タイヤにはどんな種類がある?サイズ表示の見方や交換する際は何を基準に選べばよい?

【今さら聞けないクルマの基礎知識】タイヤにはどんな種類がある?サイズ表示の見方や交換する際は何を基準に選べばよい?
     
   

 ランフラットタイヤ・シーリングタイヤとは?

車のタイヤは走行中にパンクしてしまうと非常に危険な状態に陥ります。車体のバランスが取れなくなり、最悪の場合は事故につながる可能性も。

ランフラットタイヤは万一タイヤがパンクしても一定距離であればそのまま走行が可能なタイヤです。パンク時の事故の危険性を減らし、安全性がアップします。

その場でロードサービスを呼ばなくても近くの修理工場まで応急処置なしでそのまま走行できるのはとても便利ですね。

機能的にはメリットが多くありますが、価格が高く、ホイールも専用品が必要になることから導入を躊躇う場合も多いようです。

ランフラットタイヤはダンロップが1970年に世界に先駆けて実用化しました。

またシーリングタイヤは、タイヤの内面に特殊なシーラント剤を塗布し、釘などが刺さった際にできた穴をシーラント剤が塞いでしまうもの

空気圧の低下を防いで、一定距離の走行を可能にする仕組みです。

専用ホイールなどは必要ないのでランフラットタイヤと比べて導入しやすいともいえますが、サイドウォールへの傷には対応していないという欠点もあります。

タイヤの役割とは?タイヤを選ぶ際は何を基準に選べばよい?

出典元:https://www.photo-ac.com

グリップ力やハンドリングなどドライ性能

晴天時の乾いた路面でのタイヤが路面をグリップする力やハンドリングの安定性を左右するのがドライ性能。

ドライ性能が優れた車はきびきびした気持ちいいステアリングの反応が楽しめ、走行安定性も高く路面を掴むグリップ力にも優れています。

濡れた路面で安定して走れるウェット性能

365日晴れた路面で走れるのならばいいのですが、現実問題としてそれは不可能です。そこで濡れた状態の路面での安全走行を実現するのがウェット性能。

濡れた路面では路面とタイヤの間の摩擦が少なくなり、スリップしてしまう危険が高まります。そういう事態が起こらないようタイヤに溝を入れて雨天時に対応できるようにしてあるのです。

タイヤメーカーは独自にその溝の形状や深さを研究してウエット性能を追求しています。

乗り心地の良さや静寂性

タイヤは車の部品の中で唯一路面と設置しています。路面の状況はタイヤから車に伝わり、乗り心地の良さにも大きくかかわってきます。

舗装されていない道や道路のつなぎ目などの衝撃を和らげ、快適な乗り心地を実現したりロードノイズを減少させるなど、その静粛性もタイヤを選ぶ際には注目したい要素です。

転がり抵抗が少ない省燃費性能

車を走行させている際、タイヤには転がり抵抗が生じています。前進することによる空気抵抗、路面との接地面で起こる摩擦抵抗、タイヤが変形することに起因する抵抗です。

この転がり抵抗が小さいほど、車を前に進むために使う力は少なくてすみますから燃費性能がアップすることになります。

一般的にエコタイヤと呼ばれるものはこの転がり抵抗を少なくすることに特化したタイヤです。タイヤをたわみにくくしながらもウエット性能などを損なわないように研究されています。

減りが少ない耐摩耗性能

タイヤはかなりの重さの車体を支えて地面に接し、高速で走行しているわけですから使用しているうちに当然摩耗していくことは避けられません。

耐摩耗性が低いとドライ性能もウエット性能も早い段階から低下していき、危険性も増してきます。

カスタム&パーツカテゴリの最新記事