ランドローバー・レンジローバースポーツSVRが片輪走行のギネス記録を達成!これまでの片輪走行の世界記録は?

ランドローバー・レンジローバースポーツSVRが片輪走行のギネス記録を達成!これまでの片輪走行の世界記録は?
     
   

出典:https://response.jp/article/2018/07/17/312008.html

グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにてレンジローバースポーツSVRが片輪走行のギネス記録

出典:https://www.autocar.jp/firstdrives/2018/04/10/282819/

 2018年7月16日、イギリスで行われた「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2018」の名物ヒルクライムにてジャガーランドローバーが誇るスーパーカー、レンジローバースポーツSVRが片輪走行のギネス記録を打ち立てたことで話題を呼んでいます。

ドライバーは数々の記録を残していることで名高いテリー・グラント氏が担当。氏の片輪走行はこの大会ではもはやお馴染みになっていて、毎年華麗な走行で観客を湧かせていました。

去年は途中で着地してしまい、片輪走行に失敗するなどのアクシデントに見舞われましたが、今年はその雪辱を晴らすかのようなギネス記録更新。今回はそんなテリー・グラント氏とレンジローバースポーツSVRの活躍について迫っていきましょう!

片輪走行による1マイルの走行タイムの世界記録を更新

注目すべき点は更新した記録が「片輪走行による1マイル(1.6km)の走行タイム」であるということ。驚くべきその記録は2011年に自身が記録した2分55秒を30秒も上回る2分24秒5。

レンジローバースポーツSVRの性能を考えると、加速タイムや最高速度で記録を打ち出すのは想定出来ますが、今回の結果はまさにテリー・グラント氏だからこそ残せたものだといえますね。

これまでのギネス記録は日産・ジューク ニスモRS

出典:http://www.j-sd.net/nissan-juke-nismo-world-record/

テリー・グラント氏が2011年に残した2分55秒という記録は、なんと日本車を使用してのものです。その車とは日産の「ジューク ニスモRS」。日本の車が世界を舞台に活躍することも、世界を代表するスタントドライバーに選ばれることも誇らしいことですね!

実は同氏、この「ジューク ニスモRS」を使って2015年にも2分10秒というとんでもないタイムを叩き出しているんです。しかしこれはギネスには申請していないとのことで、2011年の記録が今まで残っていたとのこと。

片輪走行の最長距離走行ギネス記録は?

片輪走行のギネス記録は何もスピードだけではありません。2016年11月、ドイツのニュルブルクリンクにて最長距離走行の記録を樹立したのは中国出身のスタントドライバー、ハン・ユエ氏。

全長20.8km、73もコーナーを有するコースを片輪走行で見事走り切るという偉業を成し遂げました。走破に掛かった時間はなんと45分59秒。そこまでの長時間バランスを取ることに集中し続けるというのは、まさに人知を超えた域ですね。

片輪走行の最速走行ギネス記録は?

テリー・グラント氏が叩き出したのは1マイルの走行タイムでの記録ですが、瞬間的な最高速度はまた別にギネス記録が残されています。その記録は2016年10月25日にフィンランドの空港にて計測されたもので、時速186.269km/hという驚くべきもの。

片輪走行の、バランスを取りながらゆっくり走るイメージを払拭するかのようなこの記録に挑戦したのはフィンランド人のヴェサ・キヴィマキ氏。自動車は大量生産された市販車に限るというルールのもと「BMW330」を使用しました。

スポーツ・エンタメカテゴリの最新記事