茨城王(イバラキング)に聞く!茨城県のあるあるネタ4選

茨城王(イバラキング)に聞く!茨城県のあるあるネタ4選
     
   
[PR by Honda Cars IBARAKI]

地方にお住いの方ならついつい共感してしまう“地元あるあるネタ”。昨今はテレビやインターネットなどのメディアでもその地方独特の“あるある”が多く取り上げられており、自分の出身県の話だと共感して思わずうなずいてしまうこともありますね。

さて、茨城県にも茨城県民にしか通じない“茨城あるあるネタ”があるはずです。

というわけで、今回はベストセラー『いばらぎじゃなくていばらき』の筆者であり、地元茨城のFMラジオでパーソナリティとしても活躍されている「茨城王(イバラキング)」こと、青木智也さんに茨城県のあるあるネタを聞いてきました。

農作業をされる茨城王こと青木さんです。

青木智也

1973年茨城生まれ、茨城在住の茨城人。茨城弁と標準語を自在に使いこなすプチバイリンガル。

一度は都会にあこがれ、上京してサラリーマンを経験するも、会社中心の生活にしだいに疑問を感じ、自分主導のライフスタイルを求め茨城にUターン。フリーランサーとして活動する傍ら、WEBサイト「茨城王」を立ち上げる。

独自の視点から茨城を語り、茨城至上主義(イバラキズム)に基づく茨城復権運動を提唱するイバラキスト。著書「いばらぎじゃなくていばらき」は茨城県内でベストセラーに(4万1千部)。

「茨城王HP」より

茨城のあるあるネタその1:県魅力最下位がむしろオイシイ

出典:ブランド総合研究所より。()内の数字は前年の順位

――本日はよろしくお願いします。

茨城王:こちらこそよろしくお願いします!

――早速ですが茨城県について伺っていきたいと思います。そのものズバリお聞きしますが、茨城の特徴ってなんでしょうか。『都道府県の魅力ランキングの最下位』でもありますが、やはり地元の人なら地元の魅力をよくご存知でしょう!

茨城王:それが、地元の人たちほど、自分たちの住んでいる地域をどうアピールすればいいかまだ分かってないと思うんですよね。県民性の問題もあるのでしょうが……。

――県民性の問題?

茨城王:茨城を筆頭に、栃木や群馬などの北関東って農業も工業もバランスよくそろっていて、自分たちで何でも作れてしまうんです。特に茨城は元々観光が盛んな地域でもないし、これまではあえてブランドしてまでアピールする必要性も感じなかったんですよ。

――バランスよく何でもそろっているからこそ、アピールポイントだと思いますが……?

茨城王:それが茨城にいると気づかない。あって当たり前なので、特段すごいとか、アピールするという発想はなかった。ただ、茨城は比較的豊かな県で人口も多いですし、中流意識というか、全国的には真ん中ぐらいの感覚でいたんです。でも、先ほどの『都道府県の魅力ランキング』で茨城が最下位になって、「いぐらなんでもビリはおがしかっぺ!」と。それで県民も本腰を入れてPRに取り組み始めたという側面が大きいかもしれません。

――魅力最下位という不名誉で逆に火が付いたんですね。

茨城王:はい、だからもし最下位じゃなくて35位とか中途半端な位置だったらいまだに県民の意識は変わってなかったのかもしれない。ある意味あのランキングがオイシかったんでしょうね。

茨城のあるあるネタその2:運転マナーが悪い!わけではなく……

スポーツ・エンタメカテゴリの最新記事