空飛ぶクルマがいよいよ実用化目前!?経産省も実用化検討を開始!【ジュネーブモーターショー2018最新情報】

空飛ぶクルマがいよいよ実用化目前!?経産省も実用化検討を開始!【ジュネーブモーターショー2018最新情報】
     
   

マンガやアニメの世界で登場する架空の乗り物。その代表といえば「空飛ぶクルマ」でしょう。読者の中にも子供の頃に自由に空を飛びまわれる乗り物に憧れた方は多いと思われます。

そんな近未来の夢の乗り物が実は間もなく街中で見られるかもしれないということをご存知でしょうか!?

スイス・ジュネーブにて3月8日から10日間にわたって開催されたジュネーブモーターショー。その中で、オランダの企業が世界初の量産市販車をうたった空飛ぶクルマを初公開しました。

今回は、この”ナゾの空飛ぶクルマ”の情報をお伝えするとともに、世界や日本での実用化に向けた動きについてもご紹介していきます。

ジュネーブモーターショーで初公開!世界初の量産型空飛ぶクルマ

3月8日から18日まで開催されたジュネーブモーターショーにて、オランダのPAL-V International B.V.(パルヴィインターナショナル)社が、空飛ぶクルマ「PAL-V Liverty」を初公開しました。

これまでイキクルでも空飛ぶクルマについてのいくつかご紹介してきました(アニメやマンガの世界がいよいよ現実に! 「空飛ぶ自動車」が発売)が、PAL-V Livertyはこれまでの空飛ぶクルマと違い、世界初の量産市販タイプということがうたわれています。

さて、PAL-V Livertyはどのようなクルマなのか、スペックを見ていきましょう。

このクルマは地上を走行するドライブモードと空を飛ぶフライトモードの2つのモードがあり、それぞれ違う2基のエンジンが搭載されています。

新車情報カテゴリの最新記事