D1グランプリ(全日本プロドリフト選手権)の歴代チャンピオンドライバー・優勝車種を振り返る!

D1グランプリ(全日本プロドリフト選手権)の歴代チャンピオンドライバー・優勝車種を振り返る!
     
   

出典元:https://www.drivingline.com/articles/the-beginning-of-drifting-d1-grand-prix/

D1グランプリ(全日本プロドリフト選手権)とは?

出典元:http://www.superstreetonline.com/event-coverage/motorsports/1605-d1gp-round-2-fuji-drift/photo-gallery/#photo-01

全日本プロドリフト選手権(全日本プロドリフト選手権)とは2001年から開催されたモータースポーツですが、速さを競う大会ではありません。

ドリフト走行の美しさスピンの迫力をフィギュアスケートのように「ポイント化」するという、自動車スポーツとしては一風変わったルールで競います。

提案者は元レーサーの土屋圭市さんと、自動車雑誌「OPTION」創始者であり現在日本のチューニングカーコメンテーターとして活躍している稲田大二郎さんです。

この選手権を創始した経緯として、

「ドリフトがどれだけ上手くてもその先はない。だったらドリフトで飯を食えるように、プロ化にしよう」

という意図があったようです。

D1GP 2018年の優勝は横井 昌志選手のS15シルビア

18回目を迎えた今年2018年の優勝者は横井昌志選手でした。

参戦した相棒の車は日産のS15シルビアで、長いシルビアの歴史ではこの車は7代目になります。

1999年~2002年の3年間しか販売せずシルビアとしては最も短い販売期間でしたが、派手なデザインが好評でファンも多かったようです。

横井選手の15シルビアは車体が青でいかにも「スポーツカー」という印象でした。

D1グランプリ(全日本プロドリフト選手権)の歴代チャンピオンドライバー・優勝車種を振り返る!

出典元:http://motorfanfesta.com/2018/contents/d1/

2001年から開催されたこの大会ですが、歴代のチャンピオンドライバーはどのような方が並ぶのか、また優勝車種はどれなのか。

この記事で振り返ってみたいと思います。

D1GP 2001年の優勝は谷口 信輝選手のS15シルビア

初代優勝者は谷口信輝選手でした。

その時の車種はなんと今年の優勝車種と同じ日産S15シルビア。18年もの時を経て同じ車種が同じ大会で活躍しているのはすごいですね。

もっとも2001年はS15シルビアがまた販売されていて全盛期といってもよい時代でしたので、D1GPで活躍していても何ら不思議はないのですが。

谷口選手のS15シルビアは車体が赤色でした。やはりS15シルビアは派手な色が多い印象ですね。

D1GP 2002年の優勝は植尾 勝浩選手のAE86トレノ

2002年の優勝者は上尾勝浩選手で、車種はトヨタのAE86トレノでした。

この車は「ハチロク」という愛称で有名です。「頭文字D」というドリフト走り屋の漫画で主人公が乗っている車としても良く知られています。

スポーツ車として絶大な人気を誇っており、販売終了から30年以上経っていますが中古車の価格は下がるどころかどんどん上がっている傾向にある車種です。

D1GP 2003年の優勝は今村 陽一選手のFD3S RX-7

新車情報カテゴリの最新記事