DIYの新潮流!愛車を自分の手で作る自動車メーカー「ローカルモーターズ」がすごい!

DIYの新潮流!愛車を自分の手で作る自動車メーカー「ローカルモーターズ」がすごい!
     
   

Photo By Marc Palumbo

第一次世界大戦の空襲で瓦礫の山となったイギリス。

街を立て直してくれるがいない中、自分たちの手で作りなおそうという機運が生まれました。

それがDIY(Do it Yourself)の始まりだと言われています。
オープンデザイン ―参加と共創から生まれる「つくりかたの未来」 (Make: Japan Books) より

やがて、時代が変わり現代のDIYと言えば、当時のような生活の必然性という要素は薄くなりました。代わりに理想の実現のためといったニュアンスが強くなってきているのではないでしょうか。

未来の常識は自動車も自分たちの手で作る!?

自分たちの手で作る
Photo By Startup Stock Photos

DIYで作るものと言えば、などといった単純な機構のものがほとんどです。これまでは複雑な機構、例えば車など、はDIYで作るにはハードルが多すぎました。

しかし、今回紹介する「ローカルモーターズ」というアメリカの会社はなんと、ユーザーと一緒に作り上げるをコンセプトにしているのです。

「ユーザーと一緒に作り上げる」を実現できるのは3Dプリンターのおかげ

2007年にジェイ・ロジャースが創業したローカルモーターズ。ここは3Dプリンターを活用することでユーザーと一緒に車を作ることを実現しています。

3Dプリンターを使って本当に自動車が作れるのか?

実際に2015年1月の米デトロイト、北米国際自動車ショー2015では会期中の6日間で1台の電気自動車を作り上げ、観衆を驚かせました。

会場に持ち込んだ3Dプリンターで製作を始め、会期終了までに2人乗り電気自動車「ストラティ」が完成し、会場内を走行しました。

新車情報カテゴリの最新記事