発売から27年、ギネス記録も持つ元祖・軽オープンスポーツカーのホンダ・ビート!エンジンパーツやマフラーはじめ純正部品の再販が続々決定!

発売から27年、ギネス記録も持つ元祖・軽オープンスポーツカーのホンダ・ビート!エンジンパーツやマフラーはじめ純正部品の再販が続々決定!
     
   

出典元:https://minkara.carview.co.jp/userid/202453/blog/c89011/p17/

 ホンダ・ビート(PP1)とは?

出典元:https://www.leblogauto.com/2017/08/20-ans-deja-honda-beat.html

指を指して「S660だ!」と言う人もいるかもしれませんが残念ながら違います。27年前に販売していた車でホンダ・ビートという車種です

販売開始から27年が経って、ビートは再び動き始めました。詳しく掘り下げてみましょう。

ミッドシップエンジン・後輪駆動のフルオープンモノコックボディ

ビートはミッドシップ・リアエンジン(MR)という珍しい配置でエンジンを備えています。ミッドシップエンジンはエンジンが車の中心近くに設置されているため、運動性能に優れているといわれています。

スポーツカーに比較的多く見られるエンジン配置となっています。フェラーリやブガッティと同じといえばその説得力も増すかと思いますが、ホンダのNSXにもミッドシップエンジンが採用されています。

独立3連スロットルやMTRECによりNAで唯一64馬力

ビートではMTREC(エムトレック)と呼ばれる独立3連スロットルを搭載しており、走り・燃費の双方が優れているといえます。660ccで最大出力64PS、燃費は17.2km/Lとどちらも高い数値を叩き出しています。

現在軽自動車は64馬力で規制がかかっているので、規制ギリギリのラインです。

1998年に生産終了、総生産台数は33,892台

1991年に販売を開始したビートでしたが、7年後の1998年には生産終了となりました。2シーターのスポーツカーということでなかなか売上は伸びず、一定のファンはいたものの万人受けする車とはいえなかったようです。

総生産台数は33,892台で、今でもファンから愛されているので生産台数の半数以上が廃車にならず今でも根強く愛される車といえます。

2010年にツインリングもてぎで開催されたオーナーミーティングでギネス記録

ビートがファンから愛されているのはギネス記録を獲得したことからもお分り頂けると思います。2010年にオーナーミーティングでビートはギネス記録を挑戦したのです。

その内容はツインリングもてぎで、569台のビートを使用しパレードランを行うというものでした。2010年ですから既に生産終了後10年以上が経過していたにも関わらず、それでも500台を超えるビートが集結したのです。

これがフィットなど人気車種なら特別感はあまりありませんが、ビーツだからこそ驚きを隠せません。ユーザーの愛を感じるギネス記録樹立となりました。

2015年に後継となるホンダ・S660発売

出典元:http://car-report.jp/blog-entry-1629.html

後継車としてS660が発表されました。サイズ感はもちろんですが、フロントマスクにもビートの面影が残っており、その見た目からもビートの影響を大きく受けているのが分かるでしょう。

新車情報カテゴリの最新記事