メルセデス マイバッハ・Sクラスがマイナーチェンジ、新型は縦グリルとツートンボディカラー採用!ロールスロイスやセンチュリーなどのハイエンドサルーンの価格を比べてみると?

メルセデス マイバッハ・Sクラスがマイナーチェンジ、新型は縦グリルとツートンボディカラー採用!ロールスロイスやセンチュリーなどのハイエンドサルーンの価格を比べてみると?
     
   

出典元:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/mercedes-maybach/mercedes-maybach-saloon/explore/detail-X222.module.html

メルセデス マイバッハ・Sクラスはマイナーチェンジでどこが変わった?

出典元:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/mercedes-maybach/mercedes-maybach-saloon/explore/detail-X222.module.html

マイバッハ57/62に通じる縦ルーバーのグリル採用

2002年に初代のマイバッハが登場しました。当時のダイムラー・ベンツがマイバッハブランドを創立し世に送り出したモデルは、ショートホイールベースの「57」と、ロングホイールベースの「62」の2種類です。

安定性や車体剛性などはメルセデスベンツ・Sクラスを上回り、ラグジュアリーな内装は市販車の中で最も豪華で高額なモデルのうちの一つでした。

今回マイナーチェンジされた新型メルセデス マイバッハ・Sクラスでは、この初代マイバッハ57/62に採用されていたものと似ている縦ルーバーのグリルを採用しています。

マイナーチェンジ前は二重の横ストライプのグリルでしたので、随分と印象が変化しました。

新たに採用されたこの縦ルーバーのグリルは、ピンストライプのスーツから着想したとのこと。エグゼクティブなビジネスマンのオーナーが多いことが窺えますね。

9色のツートーンカラーを新たに設定

ボディカラーには、以前マイバッハに設定のあったツートンカラーが復活することに。9種類の組み合わせが用意されるようです。シングルトーンも合わせると計19色からボディカラーは選択できるとのこと。

非常に豊富なボディカラーの選択肢ですね。こういった量産しているハイクラスサルーンでここまでのボディカラーの選択肢の豊富さはあまり類を見ません。

ブラックやホワイトなどのベーシックカラーではない個性的なマイバッハ、是非見てみたいものですね。

20インチ鍛造ホイールやウッドトリムラインのオプション追加

ホイールにはオプションで鏡面仕上げの20インチ鋳造アルミホイールが用意されました。

縦ルーバーのグリルとの相乗効果で迫力と重厚な雰囲気がプラスされます。

また上位モデルにあたる6.0LV12ツインターボエンジンを搭載するS650では、インテリアの質感を各段にグレードアップする「designoブラウンマグノリアウッドフローイングライン」とカラー違いの「designoピアノラッカーウッドフローイングライン」がオプションで選択できます。

これはインテリアウッドトリムの流れるような美しい流線型を強調させるためのもの。メルセデス マイバッハならではの洗練された室内空間の為にも是非取り入れたいオプションです。

S560とS650のグレード体系は変更なし

グレード体系は先代と変わらず2グレード。S560には469psを発揮する4.0LV8ツインターボエンジンを搭載、上位グレードのS650に搭載され6.0LV12ツインターボエンジンは630psを発揮します。

S650はFRのみ、S560にはFRと4輪駆動の4MATICの2種類の駆動方式が用意されます。

メルセデス マイバッハ・Sクラスとメルセデスベンツ・Sクラスはどこが違う?

出典元:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/mercedes-maybach/mercedes-maybach-saloon/explore/detail-X222.module.html

ボディサイズの違い

メルセデス マイバッハ・Sクラスは通常のメルセデスベンツ・Sクラスのロングホイール車をベースにしてはいますが、ボディサイズは拡大されています。

新車情報カテゴリの最新記事