fbpx

マイナーチェンジで人気のホンダ・ステップワゴンスパーダにハイブリッドモデル追加!競合ミドルクラスミニバンとサイズや燃費、価格を徹底比較!

マイナーチェンジで人気のホンダ・ステップワゴンスパーダにハイブリッドモデル追加!競合ミドルクラスミニバンとサイズや燃費、価格を徹底比較!
     
   

http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000994728/SortID=21245943/ImageID=2855483/

マイナーチェンジでステップワゴン/ステップワゴンスパーダのどこが変わった?

出典:http://www.biz-newspaper.com/honda/stepwagon_spada_hybrid.html

2017年9月に、ホンダの人気車種であるステップワゴン/ステップワゴンスパーダのマイナーチェンジが行われました。

今回のマイナーチェンジでは、ステップワゴンよりもステップワゴンスパーダに大きな改良が見られました。

変更点を詳しく探ってみましょう。

ステップワゴンスパーダのフロントを大幅に変更

まずはフロントマスクです。マイナーチェンジ前は全体的に線が滑らかで、親しみやすい優しい印象でした。

しかし、今回のマイナーチェンジにより優しい印象からは一変、ゴツゴツとした力強さ、迫力が前面に出たフロントマスクに変更されました

フロントグリルとヘッドライトが大きく印象を変える要因になりました。リアにも変更点はありますが、然程違いは無いようです。

マイナーチェンジ前は、外観から無印なのかスパーダなのか判断することは難しかったのですが、外観の差が大きく出た変更となりました。

ステップワゴンスパーダにハイブリッドモデル追加

出典:http://autoc-one.jp/news/5000258/

今回のマイナーチェンジで最も大きな変更点が、ステップワゴンスパーダへのハイブリッドモデルの追加です。

ステップワゴンの競合車種である、トヨタのヴォクシー、ノア、エスクァイアは2014年から、日産のセレナも2012年からセレナハイブリッドとしてハイブリッド車を構えていたので、他車に遅れをとっていました。

マイナーチェンジ前まで、ノア、エスクアィアに対して販売台数で劣っていましたが、ハイブリッドモデルの追加により逆転することが出来ました。

ハイブリッド車はシャシー・足回りをチューニング

スパーダ ハイブリッドG・EXに「パフォーマンスダンパー」が採用され、走行中の小さな振動を減らしてくれます。ホンダのミニバンで「パフォーマンスダンパー」が採用されるのは初となりました。

また、ハイブリッド車にのみ専用チューニングが施されており、ガソリン車に比べて硬めにチューニングとなっています。

「パフォーマンスダンパー」や専用チューニングから、より上質で安定した走りを体感することが出来るでしょう。

ホンダセンシングを標準化

出典:http://www.corism.com/news/honda/3024.html

ホンダの安全運転支援システムである「ホンダセンシング」が全タイプ標準装備となっています。

衝突軽減ブレーキ(CMBS)

誤発進抑制機能

歩行者事故低減ステアリング

路外逸脱抑制機能

渋滞追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)

LKAS(車線維持支援システム)

先行車発進お知らせ機能

標識認識機能

引用:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/performance/active-safety/

「ホンダセンシング」にはこれらの8つの機能が搭載されています。

ホンダセンシングは標準装備ですが、装備されていない仕様で購入することも出来ます。グレードにも寄りますが、車両本体価格を10万円以上安く抑えることが出来ます。

ステップワゴン/ステップワゴンスパーダのグレード別エクステリア・内装の違いは?

出典:https://iketel.xyz/stepwgn_interior

ステップワゴン/ステップワゴンスパーダは主に9つのグレードに分かれています。

グレードによって価格が変わってくるので非常に気になる点です。車を決める際にどうしても譲れないポイントがあると思いますので、参考にしてみてください。

B

ステップワゴンの中で最もグレードの低いモデルです。価格は2,455,920円〜です。

ステップワゴンといえば、テールゲートから乗り降り出来るわくわくゲートが有名ですが、メーカーオプションでも装備出来ないのが欠点です。

パワースライドドアは左側のみとなっており、その他の全グレードでは両側に採用されています。

「ホンダセンシング」は搭載されているので走ることに関しては良いのですが、その他の面で物足りなさを感じてしまうかもしれません。

G

こちらはBよりも一つランクの上がったグレードで、価格は2,661,120円〜です。

わくわくゲート、両サイドパワースライドドアの採用や、スマートキーシステムの搭載など、機能性が向上しました。

20万円程度価格が上がりましたが、ステップワゴンのガソリン車を購入するならこのグレードは確保したいですね。

G EX

更に装備を充実させたモデルがG EXです。価格は2,862,000円〜です。

シートヒーターや、後部座席用の空調パネル、LEDヘッドライトが採用されました。

これまでスチールだったホイールはG EXからアルミホイールに変更されました。

より便利でスタイリッシュなグレードとなっています。

スパーダ

ステップワゴンの中でもよりエクステリアデザインにこだわったのがスパーダです。

冒頭でも述べたようにフロントマスクがとても力強く、無印とはかなり印象が違います。

価格は2,852,280円〜となっています。グレードの低いBと比べると約40万円の価格差があります。

外装ではLEDヘッドライト、LEDフォグランプの標準装備、黒を基調とした内装は本革巻ステアリング、パドルシフトなど、スタイリッシュでスポーティーなグレードになりました。

スパーダ クールスピリット

スパーダ クールスピリットはその名の通り、とてもクールなデザインです。スパーダよりもグレードが上がり、価格は3,051,000円〜です。車両本体価格だけで300万円超えとなっています。

スパーダ専用のフロントマスクで唯一、ダーククロームメッキが使われているグレードで、大人な男性にオススメしたいです。

スパーダ ハイブリッドB

ステップワゴンスパーダのハイブリッドモデルです。価格は3,300,480円〜です。

最も低いグレードのBですが、わくわくゲートの採用、LEDヘッドライト、16インチアルミホイールの標準装備など、十分満足できるグレードだと思います。

スパーダ ハイブリッドG

こちらは一つ上のグレードですが、価格は3,350,160〜とそこまで変化はありません。

装備はスパーダにかなり近く、パドルシフトは採用されていませんがかなり似通っています。

価格はあまり変わりませんが、ハイブリッドBよりも少し上質になった印象があります。

スパーダ ハイブリッドG EX

ハイブリッドで最も高いグレードです。価格は3,559,680円〜です。

ステップワゴンに本革シートは採用されていませんが、このグレードのみオプションで装備可能となっています。

最も価格の高いモデルなので、これまで紹介してきた装備のほとんどが標準装備となっています。より快適なドライブを求める方にオススメしたいグレードです。

モデューロX

モデューロXはステップワゴンをベースモデルとしてカスタマイズ、チューニングされたグレードです。N-BOXやフリードでもモデューロXは発売されています。

より走りに特化したグレードで、車高が低くなったり、専用サスペンションの装備などから、これまで紹介したグレードとは別物だとお分り頂けるでしょう。

走りを楽しみたい方にオススメのグレードです。

関連記事:ホンダのカスタムコンプリートカー、ステップワゴン&フリード モデューロX!走りを極める純正アクセサリーブランドの魅力とは?

ステップワゴンスパーダと競合ミドルクラスミニバンのサイズ・燃費・価格を徹底比較!

出典:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/1088868.html

ステップワゴンスパーダ、ステップワゴンスパーダ ハイブリッドを競合車種と比較してみましょう。

2種類のグレードのサイズ、燃費、価格を参考にしてみて下さい。

  スパーダ ハイブリッドG EX
全長 4760mm 4760mm
全幅 1695mm 1695mm
全高 1840mm 1840mm
ホイールべース 2890mm 2890mm
燃費 16(km/L) 25(km/L)
価格 2,852,280円〜 3,559,680円〜

トヨタ・ヴォクシー ハイブリッドZS/ノア ハイブリッドSi/エスクアィア ハイブリッド

  トヨタ・ヴォクシー
ハイブリッドZS
ノア ハイブリッドSi エスクアィア
ハイブリッドGi
全長 4710mm 4710mm 4695mm
全幅 1735mm 1735mm 1695mm
全高 1825mm 1825mm 1825mm
ホイールべース 2850mm 2850mm 2850mm
燃費 23.8(km)/L 23.8(km)/L 23.8(km)/L
価格 3,269,160円〜 3,269,160円〜 3,300,480円〜

ステップワゴンの方が全長がやや長く、燃費も優れています。最大出力、最大トルクなど、走りの面でもステップワゴンに軍配が上がります。

その分車両本体価格が高い点がネックとなります。

日産・セレナ ハイウェイスター(Sハイブリッドモデル)

  セレナ ハイウェイスター Sハイブリッドモデル
全長 4770mm
全幅 1735mm
全高 1865mm
ホイールべース 2860mm
燃費 16(km/L)
価格 2,642,000円〜

現行モデルにフルモデルチェンジする前の4代目のセレナです。ステップワゴンスパーダと比較しましょう。

ハイブリッドですが燃費のカタログ値は同じです。セレナの方が価格は安いですが、ステップワゴンスパーダの方が最新なので利便性は優れています。

日産・セレナ e-POWER ハイウェイスター

 
セレナ e-POWER ハイウェイスター
全長 4770mm
全幅 1740mm
全高 1865mm
ホイールべース 2860mm
燃費 26.2(km/L)
価格 3,178,440円〜

価格を比べるとセレナ e-POWER ハイウェイスターの方がかなり安く見えますが、こちらは標準装備の少ないモデルなので大きく差が出ています。

最小回転半径はステップワゴンの方が小さく、最大出力、最大トルクもステップワゴンの方が高いです。

運転のし易さや走りの面では、競合他車を抑えているようです。

新型ステップワゴンスパーダのアクセサリー・カスタムパーツはこれ!

出典:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/styling/modulox/

クールスピリットのようにとてもスタイリッシュなデザインのグレードもありますが、沢山乗り継いでいくと自分だけのカスタマイズをしたみたいという考えも出てくるものです。

アクセサリーやカスタムパーツはこちらを参考にしてみて下さい。

ホンダ純正アクセサリー(Modulo

ホンダの純正アクセサリーといえばModuloです。ステップワゴンにはモデューロXというグレードも用意されていますが、それとは別で専用のアクセサリーを購入することができます。

Moduloのパーツはカタログにも掲載されているので、チェックしてみて下さい。

無限(MUGEN

無限(MUGEN)は、株式会社M-TECから発売されているホンダ車専用のパーツメーカーです。ホンダとの資本関係は一切ありません。

こちらもデザイン性の高いアクセサリーが幅広く揃っています。マイナーチェンジに合わせて無限からも新たなアクセサリーが発売されることになりました。

細かくカスタマイズ出来るので、誰とも被らない自分だけの1台を作ることが出来ると思いますよ。

無限って何?ホンダ車のエアロパーツとアフターパーツメーカー「無限」について詳しく解説!

新車情報カテゴリの最新記事