ランボルギーニ・アヴェンタドールLP750-4 SVの後継モデル、SVJクーペ発表!イオタ(JOTA)の名称を復活させた新型の特徴と全モデルのスペックを比較!

ランボルギーニ・アヴェンタドールLP750-4 SVの後継モデル、SVJクーペ発表!イオタ(JOTA)の名称を復活させた新型の特徴と全モデルのスペックを比較!
     
   

出典元:https://c63amg-young.com/2018/08/03/aventador_svj/

アヴェンタドールSVJクーペの特徴は?Sクーペとはどこが違う?

出典元:https://carsmeet.getnavi.jp/2018/08/29/75781/

ロー&ワイドな車の象徴ともいえるランボルギーニ。車について詳しく知らない方でもランボルギーニといわれて想像するのが、アヴェンタドールではないかと思います。

アヴェンタドールSVJは、アヴェンタドールSVモデルの性能を更に高めたモデルとしてランボルギーニの最高峰として君臨しています。またアヴェンタドールSVJでは、かつてランボルギーニから一台のみ販売された伝説の車「イタオ」の名称が復活となることでも話題を呼びました。

これまで販売されてきたSクーペとの違い、SVJクーペの進化をご覧頂ければと思います。

V12気筒エンジンは770馬力にパワーアップ

ランボルギーニでも比較的安価なウラカンと、ウラカンの上位モデルにあたるアヴェンタドールの違いの一つがエンジンです。

ウラカンに搭載されているエンジンはV10気筒なのに対して、アヴェンタドールに積まれているエンジンは更に大きなV12気筒エンジンです。

もちろんアヴェンタドールSクーペにもV12気筒エンジンが搭載されていました。最大出力740PSという圧倒的なパワーを持っていたものの、SVJクーペはそれをも上回る770PSを記録しています。0-100km/hまでわずか2.8秒という驚異的なスピードを誇ります。

ALAシステムを採用した専用エクステリア

ALA(Aerodynamica Lamborghini Attiva)システムが搭載されており、これにより車両の状況に応じてエアロダイナミクスを変動させ、空気抵抗を低減します。

圧倒的な走行性能を誇るアヴェンタドールSVJだからこそ、とても有効に働きます。このシステムはウラカン ペルフォルマンテにも採用されていましたが、アヴェンタドールSクーペには未だ採用されていませんでした。

4WS(LRS)と強化されたアクティブサスペンション(LMS)

2WD、4WDなどはよく耳にするかと思いますが、アヴェンタドールSVJクーペに搭載されている4WSは後輪操舵システムのことを指しています。LRS(ランボルギーニリアステアリング)と略されることもあり、走行スピードに応じて後輪が1.5度〜3度変化します。

それにより、高速走行時の安定性を確保出来たり、小回りの効き易さにも力を発揮することになりました。

磁性流体サスペンションと呼ばれるLMS(ランボルギーニ・マグネトレオロジカル・サスペンション)は、サーキットでの走行に考慮して前モデルよりも硬く設定されています。

カーボンやアルカンターラを多用した専用インテリア

出典元:http://www.carmag.co.za/news/wild-new-lamborghini-aventador-svj-finally-unwrapped/ 

その佇まいを見て誰もが興奮を覚えるのではないかと思いますが、エクステリアのみでなくインテリアにも感性に触れるようなポイントがあります。

レザー、アルカンターラを使用した高級なシートに加え、内装の様々な点でカーボンが使用されており、シートに座ると特別な世界に連れていってもらえるような感覚を味わえるはずです。

赤のステッチがシンプルながらも非常に男らしい印象を受けます。飛行機のコックピットを思わせるような作りになっています。

SVJクーペに至るアヴェンタドールの進化の歴史を振り返る

新車情報カテゴリの最新記事