マセラティ・レヴァンテにスポーツモデルのGTSが追加!たいめいけんの茂出木シェフも所有するイタリア製SUVとライバルモデルのスペックを徹底比較!

マセラティ・レヴァンテにスポーツモデルのGTSが追加!たいめいけんの茂出木シェフも所有するイタリア製SUVとライバルモデルのスペックを徹底比較!
     
   

出典元:http://media.maserati.com/en-ww/releases/1421

マセラティ・レヴァンテとは?

ギブリをベースとしたマセラティ初のSUV

出典元:http://media.maserati.com/en-ww/releases/1421

レヴァンテは高級スポーツカーの代名詞でもあるイタリアのメーカー、マセラティの初となるSUVとして登場しました。

2016年に販売開始されましたが、この5年前、2011年のフランクフルト・モーターショーで「クーバン」というコンセプトカーが発表されています。この「クーバン」が実はレヴァンテの前身でした。

レヴァンテは2013年に登場した高級サルーンのギブリM157がベースになっており、フロントエンドのデザインやアーキテクチャは共通となっています。

レヴァンテがデビューした2016年頃は、SUV旋風が吹き荒れていました。これまでにない勢いでSUVが人気を博し、その流れは2018年現在でも続いているといえるでしょう。

同じ年にベントレーも初となるSUVのベンティガを発表し、翌年2017年にはランボルギーニがウルスが発表しました。ここにきて高級メーカーにもついにSUVの波が押し寄せていることを実感させられましたね。

今年の6月にはロールスロイスまでもが世界最大級のダイヤモンド「カリナン」の名を冠した初のSUVを発表するに至りました。

フェラーリもCEOが初のSUVをハイブリッドで2019年~2020年までには発売すると語っているので、まだSUVが登場していないスーパーカーメーカーといえばブガッティ、マクラーレンというところでしょうか。

この残された2ブランドのSUVの発売の情報は今のところありません。マクラーレンに関してはSUVに否定的な意見を繰り返し述べていることからあまり期待できませんが、ブガッティは沈黙を守っています。これからの動向に注目したいところですね。

レヴァンテ 、S、ディーゼルの3モデル

レヴァンテにはスタンダートモデルとなるレヴァンテ、そしてエンジンスペックが上がり装備も豪華になったレヴァンテS、ディーゼルエンジン搭載のレヴァンテディーゼルの3モデルがあります。

ディーゼルモデルのみ少し遅れて2017年の登場となりました。

たいめいけんの三代目オーナー、茂出木浩司シェフも所有

オムライスで有名な日本橋の洋食店、たいめいけん。昭和6年創業という老舗中の老舗です。週末にあると行列ができる様子はもはや日本橋の定番の風景となっています。

現在3代目となるオーナーシェフ、茂出木浩司シェフはその料理の腕はもちろんですが、車にかける情熱もかなりのもの。車ファンの間でも知られた存在となっています。

日産GT-R、フェラーリ カリフォルニアTなど数々のスパーカーを所有していますがレヴァンテ Sも茂出木浩司シェフの愛車の一つ。

車に強いこだわりを持つ茂出木浩司シェフのこだわりが凝縮され、エクステリアはもちろんのことエンジンにもチューニングが施され、かなりタフなイメージのレヴァンテ Sとなっています。

レヴァンテGTSの特徴は?これまでのレヴァンテとはどこが違う?

出典元:http://media.maserati.com/en-ww/releases/1421

フェラーリ製V8ツインターボエンジン搭載

2018年8月19日に日本で初披露されたのはスポーツモデルとなるレヴァンテGTS。世界初公開は7月の第25回「グッドウッドフェスティバルオブスピード」でした。

新車情報カテゴリの最新記事