ランボやロールスも参入、世界のハイパワーSUV対決!パワーウェイトレシオや1馬力当たりのコストパフォーマンスが良いSUVは?

ランボやロールスも参入、世界のハイパワーSUV対決!パワーウェイトレシオや1馬力当たりのコストパフォーマンスが良いSUVは?
     
   

出典元:https://gqjapan.jp

世界的な高級SUVブーム

日本車も火付け役に

出典元:https://ja.wikipedia.org

世界的な高級SUVブームが始まったのは、2000年頃のこと。1990年代後半に発売されたトヨタ・ハリアートヨタ・ランドクルーザー100なども火付け役となりました。2000年にはBMWが5シリーズをベースに開発したX5で高級SUV市場に参入します。

高級SUVブームは、社会が成熟した中で、クルマの存在もフォーマルとカジュアルをアクティブに行き来するツールへと進化したことの表れのかもしれません。ユーティリティに優れた初代X5のトップグレード、4.8is360馬力を絞り出しました。

マーケットの拡大を見据える中で、SUVとは縁がなかった世界の高級車メーカーも参入の機会をうかがうように。2002年、それは現実のものとなります。しかも、世界を驚かせたのは異色のマーケット参入だけではなく、そのマシン性能でした。

初代カイエンターボから始まったSUVのパワー競争

驚きのポルシェ参入

出典元:https://ja.wikipedia.org

2002年、高級SUV市場に参入したのは、高級スポーツカーメーカーのポルシェでした。ポルシェにとって初のSUV、5ドア車の名前はカイエン。上位モデルは928以来となる縦置きの4.5リットルV型8気筒エンジンを搭載していました。

カイエンがそれまでの高級SUVとは違っていたのは、スポーツカーのイメージをそのまま持ち込んだこと。カイエンターボの最大出力は450馬力。車体は2480kgの重量級ながら、0~100km/h加速は5.6秒を誇りました。

ひと目でポルシェと分かるエレガントなデザインも受け入れられ、初代カイエンは世界的に大ヒット。この成功が、高級SUVのパワー競争を加速させます。そうした流れは、ランボルギーニロールスロイスといった高級車メーカーを大いに刺激しました。

市販ハイパワーSUVのパワーウェイトレシオ、コストパフォーマンスが良いモデルはどれ?

アルファロメオ・ステルヴィオ クアドリフォリオ

出典元:https://www.autocar.jp

アルファロメオにとって初のSUVモデルがステルヴィオクアドリフォリオは最上級グレードで、日本では2018年11月に受注が開始されました。

フェラーリと共同開発した2.9リットルV型6気筒直噴ツインターボエンジンの最高出力は510馬力。最高速度は283km/hを誇り、0~100km/h加速はわずか3.8秒です。

車両重量は1910kgで、パワーウェイトレシオは驚異の3.75kg/ps。2018年12月現在の新車価格は1167万円(消費税込み)です。

ポルシェ・カイエンターボS

出典元:https://www.webcg.net

2代目958型の後期モデルで最も新しいグレードがカイエンターボS4.8リットルV型8気筒ツインターボエンジンを専用チューンしたパワートレインは、最高出力570馬力、最高速度284km/hのスペックをたたき出します。

車両重量は2310kgで、パワーウェイトレシオは4.05kg/ps。クアドリフォリオにはわずかに及びませんが、十分な性能を備えています。2018年12月現在の新車価格は2251万円(消費税込み)です。

スポーツ・エンタメカテゴリの最新記事