ホンダ・CR-Vが復活!?ジュネーブモーターショーの最新情報をお届け!

ホンダ・CR-Vが復活!?ジュネーブモーターショーの最新情報をお届け!
     
   

2016年3月末に惜しまれつつも国内販売の生産を終了したホンダ・CR-V。

ヴェゼルの人気もあり、その立ち位置を長らく追われていましたが、昨年10月の東京モーターショーに新型CR-Vが出展。国内においても夏頃に発売との情報が出たほか、先日開催されたジュネーブモーターショーにて欧州仕様のモデルが初公開されました。

今回はその人気SUV、CR-Vの先代である、4代目CR-Vの振り返りを行いながら、新型の先行情報と予測をお伝えしていきたいと思います!

先代ホンダ・CR-Vってどんなクルマだったの?

ホンダ・CR-Vはシビックのプラットフォームをもとに開発されたミドルサイズのSUVです。

1995年に初代がデビューしてから、そのパフォーマンスの高さや劣悪な災害地でも走破性を見込まれ、現在に至るまで献血用の血液搬送車のベース車両としての採用実績も数多くあります。

4代目ホンダ・CR-V

先代である4代目CR-Vは2011年11月のロサンゼルスオートショーで発表されました。

ボディサイズは全長4,535mm、全幅1,820mm、全高1,685mmとミドルクラスの寸法を維持しつつも、エンジンは2.0L、2.4Lの直四エンジンを設定し、パワフルな走りを実現しました。

ミッションは5速ATに加えて、CR-Vでは初採用となるCVTも採用されました。

長年少しずつ大型化していったこともあり、2013年に発売が開始されたヴェゼルの人気のあおりを受け、2016年3月には国内販売の生産に終止符が打たれました。

どうなる!?新型ホンダ・CR-V

2017年の10月の東京モーターショーにおいて、その復活が示唆されたCR-Vですが、北米や中国ではすでに日本に先駆けて発表されております。

今回は北米、中国仕様やジュネーブモーターショーで発表された欧州仕様の内容も追いながら、国内で復活するCR-Vの機能や装備に迫ってみましょう!

新車情報カテゴリの最新記事