ハコスカ、ケンメリ……今こそ注目のマニアックなオールドカー8選

ハコスカ、ケンメリ……今こそ注目のマニアックなオールドカー8選
     
   
photo by machu.(CC BY 2.0)

オールドカーと聞くと、「メンテナンスが大変そう」「ちゃんとパーツあるの?」と考える人も多いかもしれませんね。しかしオールドカーの世界では、手を加えれば加えるほど、手がかかればかかるほど、それが楽しくなってくるもの。

今回はマニアックなオールドカーをご紹介したいと思います。とにかくカッコイイ、時代に流されないそのスタイリングをご堪能ください。

「羊の皮を被った狼」。希代の名車!ハコスカGTR

C10GT-R

photo by Ypy3

だれもが知っているハコスカGTR。スカイラインという名は高級セダンとして今でも残っており、またGTRはハイスペックスポーツカーとしてスカイラインとは別の車種として生きています。

ハコスカGTRは通称で、1969年から1972年に作られたスカイラインGTRです。当初4ドアセダンでデビューしたことから「羊の皮を被った狼」と言われ、のちに2ドアハードトップも登場しました。

「ハコスカ」の愛称は、ケンメリとの区別をつけるためあとからつけられました。

庶民の味方!かわいい「てんとう虫」・スバル360

1280px-1958_Subaru_360_01

photo by Mytho88 (CC BY-SA 3.0)

「てんとう虫」の愛称で親しまれたスバル360。1958年から1970年にかけて作られました。量産型軽自動車初の乗車定員4人の車です。

価格が安く、人気がありました。排気量が356ccでありことから「360」。なんと駆動方式はRRです。今の軽自動車が660ccなので当時の自動車製造事情がうかがわれます。

この車は2サイクルエンジンなので、給油の際にオイルも補給する必要がありました。

トヨタのレーシングシーンの基礎を作った!トヨタ2000GT

5728933375_77d35dcbaf_b

photo by Moto "Club4AG" Miwa(CC BY 2.0)

トヨタ2000GTはその流麗なスタイリングが特徴のスポーツカーです。トヨタとヤマハ発動機が共同開発した6気筒DOHCのFR。

新車情報カテゴリの最新記事