シボレー・ブレイザーが復活!新型はミッドサイズのクロスオーバーSUVとして米国で来年発売!

シボレー・ブレイザーが復活!新型はミッドサイズのクロスオーバーSUVとして米国で来年発売!
     
   

出典元:http://intensive911.com/?p=130420

90年代に人気を集めたSUVシボレー・ブレイザーが復活!6月21日に新型が発表

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-10320465-carv-bus_all

90年代を代表するSUVといえば何を思い浮かべますか?パジェロやランドクルーザー、RVR…「RVブーム」によってさまざまなSUVが売り上げ好調でしたね。

そんな90年代を彩ったSUVの1つにシボレー・ブレイザーがあります。

アメリカのゼネラルモーターズ社が製造・販売していて90年に初めて日本に輸入されたSUVですが、キャンピングカー登録もできるなどしてアウトドア好きから注目を集めました。

2002年を最後に日本での販売が終了し、2012年以降アメリカでも新型が登場していませんでしたが、2018年6月21日に新型のブレイザーが生産されることが発表。今回は今SUVファンの間で注目を集める新型ブレイザーについてご紹介していきます。

新型シボレー・ブレイザーの特徴は?

出典元:https://www.euro-car.info/post-13337/

久々となるブレイザーの新型。当然これまでのブレイザーになかった特徴が期待されています。まずは発表された新型ブレイザーの4つの特徴をご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

モノコックボディを採用したクロスオーバーSUV

新型ブレイザーではフレームボディではなくモノコックボディが採用されています。モノコックボディとは「ノンフレームボディ」とも呼ばれる、フレームのない車体のことです。

モノコックボディは衝撃吸収力に優れ、剛性が高いというオフロードも走りたいSUVに打ってつけのボディ。さまざまなアウトドアが楽しみやすい設計になっています。

こうしたモノコックボディが採用されているSUVはクロスオーバーSUVとも呼ばれていますが、それの仲間入りを果たしたわけですね。

エクイノックスとトラバースの間を埋めるミッドサイズ

出典元:https://www.wilsongm.com/2018-Chevrolet-Traverse-vs-Equinox-Wilson-GM-Stillwater-OK

シボレーブランドのSUVでは現在、小さめのエクイノックスとフルサイズのトラバースの2つが人気となっていますが新型ブレイザーのサイズはこの2つの中間ほどのミッドサイズになるとのこと。

エクイノックスとトラバースも優秀なSUVであることは間違いないのですが「エクイノックスだと小さい気がするけどトラバースだと大きすぎて悩む」といった声もちらほらありました。新型ブレイザーはそんな悩みを持つ方たちの救世主となりそうなSUVですね。

2.5リッター直4エンジンと3.6リッターV6エンジンに9速ATを搭載

エンジンも気になるところですが、新型ブレイザーには2.5リッター直4エンジンと3.6リッターV6エンジンの2ユニットが用意されています。

普通に走りたいだけなら2.5リッター直4エンジンで十分なパワーがありますが、3.6リッターV6エンジンには2トンオーバーの牽引力もあるのだとか。ボートなども楽々牽引できるので、楽しめるアウトドアの幅が広がりそうですね。

ラグジュアリー仕様のプレミアとスポーティ仕様のRS

新型ブレイザーの現在販売が予定されているグレードはベースグレードのほかにプレミアとRSの3つ。

プレミアは光沢のあるクロームが随所に散りばめられていて、一度走りに出れば周囲から注目されそうなほどの高級感が魅力のラグジュアリー仕様。対してRSはブラックアウトされたトリムなどからスポーティな外観を演出しています。

どちらも違う趣になっていて、さまざまな方のニーズに応えられそうです。

新車情報カテゴリの最新記事