レクサス・RCがマイナーチェンジ、新型も300/300h/350のグレード構成は不変!ライバルの輸入車クーペ勢と価格・燃費を徹底比較!

レクサス・RCがマイナーチェンジ、新型も300/300h/350のグレード構成は不変!ライバルの輸入車クーペ勢と価格・燃費を徹底比較!
     
   

出典元:https://lexus.jp/models/rc/gallery/

新型レクサス・RCはマイナーチェンジでどこが変わった?

 出典元:https://car-japan.info/post-3401/
2013年に発表されて以来スポーツクーペとして非常に人気の高いレクサスの「レクサス RC」がマイナーチェンジを行い、2018年10月に発売となりました。

新型といってもグレード構成に変更はありません。

インタークーラー付きターボ車のRC300、ハイブリットシステム車のRC300h、V型6気筒3.5Lエンジンを積んだRC350という3種類のラインナップです。

ではこの新型はどこが変更になったか、また他のライバル車と比べて価格や燃費はどうなるのかなど新型レクサス・RCを徹底解剖いたします。

フロント・リアのエクステリアデザインを大幅に変更

まずはエクステリアですが、フロント・リア共に大幅に変更されています。

フロントのスピンドルグリルはメッシュ一体型となり、フロントフォグライトがなくなった点が挙げられます。

大きく変わった点は、デルタ型だったヘッドライトが縦型の3連LEDになったところ。

出典元:https://minkara.carview.co.jp/userid/162998/blog/41897963/

上のようなデザインになっています。

大幅なデザインチェンジなので、好き嫌いが分かれそうな部分ではあります。

その横にあるL字クリアランスランプは、旧型よりも少し小さくなったイメージです。

一方リアの方も、テールランプはLEXUSブランドをより強調させる「L字形」に変わりはありませんが、より立体的にワイド感を出しており、スポーツクーペとして洗練されたデザインとなっています。

インテリアも質感向上、LC同意匠のアナログ時計採用

出典元:https://www.as-web.jp/car/405563?all

 続いてインテリアですが、ドアスイッチパネルが黒の木目調になっており質感が大幅に向上しています。

センターコンソールインパネはヘアライン調に仕上がっていて、ニーパッドで挟むような形状。

その上部にはLCと同意匠のアナログ時計が配置されています。

このアナログ時計は立体的な目盛が配置されていて、視認性が高いと非常に評判の高いものとなっています。

スポーツシートは「表皮一体発泡工法」によってより快適な座り心地を追求しながら、走行時になると絶妙なフィット感を生み出し、車との一体感を味わえます。

このことで非常に安定しかつダイナミックなドライビングを楽しむことができます。

パワートレーンの改良と空力性能の向上

新型レクサスRCの走行性能は、レクサスクーペの最高グレードであるLCの「運転する楽しさ」を追求したワンランク上の仕様となっています。

パワートレーンにもテコを入れ、徹底した走行テストのデータに基づくチューニングを施行。

サスペンションもショックアブソーバーに改良を加え、リアバンパーには左右にエアダクトが設けられています。

これによりエア溜まりを解消すると共にリアフェンダーの気圧を下げる効果があり、空力性能が飛躍的に向上する効果があるので走行時の安定性が更に増します。

ボディーカラーに新色を追加

ボディーカラーは今回のマイナーチェンジで新色が2色追加になっています。

出典元:http://forzastyle.com/articles/-/54524

こちらは「F PORT」専用色になる「ネープルスイエローコントラストレイヤリング」です。

この色はレクサスLCのイメージカラーとして有名ですが、この色をRCにも採用したことで今回の新型レクサス・RCは「LCの走りを追求」したマイナーチェンジだということが暗に伝わってきます。

カラー自体もスポーツクーペのスポーティーな印象があり、存在感を醸し出す配色で「F SPORT」にピッタリといえます。

出典元:http://www.namaxchang.com/article/461397373.html

続いてこちらは「スパークリングメテオメタリック」です。

これはレクサスのSUVタイプであるレクサスNXで採用されている色です。

この色もハッキリしていて、スポーティーさが際立つ色ですね。

新車情報カテゴリの最新記事