黄色のドイツ車御三家の中でも知的なイメージのアウディ・A4セダン/アバント!Cクラス・3シリーズなど競合モデルとサイズ・燃費・価格を徹底比較!

黄色のドイツ車御三家の中でも知的なイメージのアウディ・A4セダン/アバント!Cクラス・3シリーズなど競合モデルとサイズ・燃費・価格を徹底比較!
     
   

                                    [PR by AUDI AG.]

高級車といえばドイツ車を想像する方が多いと思います。

実際に、現在でもそのイメージ通り、ドイツ自動車メーカーの売れ行きは伸び続けています。

ですが、なぜドイツの自動車はそれほどまでに信頼され、そして販売台数を伸ばしているのでしょうか。

今回はそんないわゆる「ドイツ御三家」、「ジャーマンスリー」といわれるドイツのプレミアムブランド、メルセデス・ベンツBMWAudiの中型セダンに焦点を当てて、その魅力と、メーカーごとの特徴に迫ります。

「ジャーマンスリ―」って!?

「ジャーマンスリ―」とは、ドイツを代表するプレミアムブランドの総称して使われる呼称です。

スリーと名の付く通り、ドイツを代表する自動車メーカー三社を指して言うのですが、その三社とは「メルセデス・ベンツ」、「BMW」、「Audi」のことです。

ここでは、その三社の歴史と特徴をご紹介していきましょう。

まずは何といってもAudi!

アウディは四つのリングが重なったエンブレムが有名ですが、こちらは四つの会社の統合を表しています。

その四つの会社とは、「アウディ」、「DKW」、「ホルヒ」、「ヴァンダラー」の四社です。

1964年からはフォルクスワーゲン傘下となり、その技術の共有を図っています。

フォルクスワーゲングループポルシェランボルギーニ、ベントレーブガッティなど多くの高級車メーカーとともに、巨大なグループ企業体を形成し、相互に影響を与え合って発展してきました。

もちろんアウディもその例外ではありません。

とりわけWRCなどのラリーにおいては常勝を誇り、その分野で培った技術をいち早く市販車にも投入することで自動車業界における新技術のけん引役としても自信を持っています。

 

 「技術による先進」

アウディのスローガンは「技術による先進」です。

アウディはかねてから「クアトロシステム」や「シングルフレームグリル」の採用など、ラリーで培った技術や空気力学に基づいたデザインを積極的に取り入れてきました。

近年ではより知性的で都会的なデザインやスポーツに注力した活動で人気を博しています。

メルセデスやBMWに比べ、ヘッドライトの小型化によるデザインの自由度を増し他ことで、よりシャープでインテリジェンスなラインを獲得しています。

その新技術を積極的に採用していくスタンスは近年の自動車業界の中で随一のアグレッシブさでメルセデスやBMWを抜きトップに立とうという気概が感じられます。

 

次にメルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツは世界で最初の自動車会社であるといわれています。

創業者である「カール・ベンツ」が世界初の三輪自動車「モトールヴァ―ゲン」を制作したことで、一躍有名になりました。

その頃時を同じくして世界初の四輪自動車を開発した「ゴットリープ・ダイムラー」と、「カール・ベンツ」の会社が合併し、「ダイムラー・ベンツ社」が誕生します。

その後、第二次世界大戦の敗戦や、復興を経験しながら、様々な名車を生み出し、ドイツの経済とともに、企業体としての成長を続けてきました。

スリーポインテッドスター

メルセデス・ベンツといえば、ボンネットから張り出したエンブレムを思い浮かべる方も少なくはないでしょう。

このエンブレムは「スリーポインテッドスター」というのですが、「陸・海・空」の交通分野それぞれで頂点を目指す、という思いが込められています。

「最善か無か」

メルセデスの掲げるスローガンは「The Best or Nothing」。

これを日本語で訳すと「最善か無か」になります。

これはメルセデスが常に最善の選択をとることを目指し続けるという思いが込められた言葉です。

この言葉はメルセデスの車としての設計思想やデザイン、安全思想に脈々と受け続けられています。

とりわけメルセデスの安全に対する考え方は、世の中を常に一歩リードするものでありました。

新車情報カテゴリの最新記事