スバル・WRX S4にSTIスポーツが追加!AT免許でも運転できるスポーツセダン、限定モデルだったtSやWRX STIとの違いは?

スバル・WRX S4にSTIスポーツが追加!AT免許でも運転できるスポーツセダン、限定モデルだったtSやWRX STIとの違いは?
     
   

出典元:https://www.subaru.jp/wrx/s4_stisport/

WRX S4にSTIスポーツが追加!標準モデルのGT-Sアイサイトとはどこが違う?

出典元:https://www.subaru.jp/wrx/s4_stisport/

大人気のSTIスポーツがWRXに追加

STIスポーツはスバルのモータースポーツ部門を担当するスバルの子会社SIT(スバル・テクニカルインターナショナル)とコラボし、レースの仕様を落とし込んだハイパフォーマンスモデルです。

これまでにレヴォーグやBRZにもSTIスポーツを設定し大きな人気を集めました。特に2016年に登場したレヴォーグのSTIスポーツは好評で、レヴォーグの売り上げの約40%を通常モデルよりも高額なSTIスポーツが占めたというのですから驚きです。

2017年にBRZにSTIスポーツが追加され、次のSTIスポーツはどの車種になるのかとファンはスバルの動向に注目していましたが、ついに今年2018年の9月にWRX S4にSTIスポーツが加わることが正式発表されました。

専用グリルやトランクスポイラーに18インチアルミホイール

WRX S4 STIスポーツ専用のダークメタル塗装のフロントグリルを装備。STIのロゴが存在感を放っています。

ドアミラー、サイドガーニッシュ、トランククリップスポイラーは全てブラックで統一。エクステリア全体の印象はそこまでいかついスポーツモデルではなく上質感を感じさせるものになっていますが、これらの専用装備が質感をアップしながらもアグレッシブな雰囲気をもたらしています。

アルミホイールは18インチのダークグレーメタリックの専用のものに。ブラックを効かせたボディとの相性は抜群ですね。

STIチューニングダンパー採用

今回のWRX S4 STIスポーツは足回りに手が加えられました。フロントにはSITが専用チューニングを施したビルシュタイン製電子制御可変フロントストラット「DampMatic II」を使用、またフロント、リアのダンパーにもSTI チューニングのダンパーを採用しました。

高い車体安定性と思い通りのコーナリングを実現します。

また、フロント、リアのコイルスプリングもSTI専用チューニングにして機能性の向上を図っています。さらにSTIロゴを施しSTI専用カラーのボルドー色に仕上げました。

機能のみならずデザイン面でもSTIであることを主張する、ファンには嬉しい仕様ですね。

ボルドー&ブラックのレカロシート

出典元:https://www.subaru.jp/wrx/s4_stisport/

シートにはSTIスポーツ専用テーマカラーであるボルドーの本革とブラックの高級素材のウルトラスエードを組み合わせたレカロシートが搭載されました。

レカロはメルセデスAMGやロータスやフォードなどの高級スポーツカーにも使用されるスポーツシートの代名詞ともいえるシートです。国産車ではGT-R NISUMOなどが導入していますね。

レカロのスポーツシートは非常にレーシーなデザインのものも多くありますが、WRX S4 STIスポーツ専用テーマカラーのボルドーを纏いエレガントさも加えられました。

新車情報カテゴリの最新記事