ダイハツ・コペンにカーボン(CFRP)ハードトップ仕様のクーペを限定発売!ディーラーオプションでHKSマフラーやサスペンションも装着可能!

ダイハツ・コペンにカーボン(CFRP)ハードトップ仕様のクーペを限定発売!ディーラーオプションでHKSマフラーやサスペンションも装着可能!
     
   

出典元:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1158871.html

ダイハツ・コペンクーペの特徴や特別装備は?

出典元:https://clicccar.com/2018/12/21/670617/copen_181219006-2/

2016年の東京オートサロンにお目見えしたコペンのクーペタイプが、ついに市販開始です!

今回はダイハツ・コペンクーペの魅力に迫ります。

コペン セロをベースにカーボン(CFRP)ハードトップを装着

コペンクーペは、2015年8月にお披露目された3代目コペン「コペン セロ」をベースカーにしています。

コペン セロといえば、見た目からは想像できない圧倒的なパワー!小さな巨人ともいえるコペン セロを更にブラッシュアップしたのが、コペンクーペなのです。

その進化の1つがハードトップルーフ。カーボンファイバーの強化プラスチックであるCFRPを使用したハードルーフによって、コペン=オープンカーのイメージを根底から覆しました。

ハードトップは、フロントウインドウの直上を起点にルーフトップ、トランク、そしてリアエンドまでが完全シームレスの一体型仕様になっており、流れるようなシルエットが非常にスタイリッシュです。

一体型になったことで気になるのがトランクの利便性ですが、リアウインドウが開閉可能であり、トランクへのアクセスに対する配慮がなされています。

BBS鍛造ホイール、モモステ、MT車はLSDも標準装備

コペンクーペの特徴のひとつとして、各種装備に一流ブランドパーツを使用している点が挙げられます。

まずはホイール。クロススポークが印象的なBBS社の鋳造アルミホイールを標準装備として採用しています。中央から枝分かれして細くなっていくスポークデザインは、洗練された印象をプラスしてくれます。

続いてステアリング。偽物ステアリングが出回るほどの人気を誇る老舗メーカーMOMO社製のステアリングホイールが使われています。レザー仕様となっており存在感は抜群です。

なおCVT車はパドルシフト付きとなっています。

コペンクーペはCVTの他に5速MT車が用意されており、MT車にはフロントスーパーLSDを標準搭載。これによりスムーズなコーナリングが実現します。

ディーラーオプションでHKS製マフラーとサスペンションキット設定

市販車からレースカーエンジンの開発までも行っているHKS社とダイハツが共同開発した、コペンクーペ専用のオリジナルスポーツマフラーとサスペンションキットがディーラーオプションに設定されています。

オリジナルマフラーは効率の良い排気が可能なのはもちろんのこと、心躍るエンジン音はドライビングをより楽しいものにしてくれるはずです。

またHKS製マフラーならではの光沢の美しさはコペンクーペのエクステリアに輝きを与えます。

一方単筒式を採用したサスペンションはあらゆる衝撃をフラットに均し、乗り心地抜群の滑らかな走行を手に入れることができます。

ブリティッシュグリーンマイカとパールホワイトの2カラー

コペンクーペのボディカラーは2色展開。それぞれにマッチするカラーの「インテリアパック」が紐付けられています。

ボディカラー1つ目は「ブリティッシュグリーンマイカ」。深みのある緑色はどこかクラシカルな印象を与えます。

新車情報カテゴリの最新記事