フィアット・500にジョリー・スピアジーナの誕生60周年記念モデルを発表!ルーフレスとして後部座席をクルーザーデッキ風に仕立てたハンドメイドモデルも設定!

フィアット・500にジョリー・スピアジーナの誕生60周年記念モデルを発表!ルーフレスとして後部座席をクルーザーデッキ風に仕立てたハンドメイドモデルも設定!
     
   

出典:http://www.fiatpress.co.uk/

1958年に登場したフィアット・500 スピアジーナ ジョリーとは?

出典:https://carnny.jp/3342

イタリアから世界中に愛されるコンパクトカーを贈り続けているフィアット。この会社が1958年に発売した「ジョリー」または「スピアジーナ」と呼ばれるモデルがあります。今回フィアットは、このスピアジーナの生誕60周年を記念し、オマージュにあたる限定車2種類をイギリスで発売することを発表しました。

今回のようなレトロなモデルは愛好家も多く、安定して需要があるイメージがありますね。この車も例によって人気を博しているのではないでしょうか。

制作された2種類はこれからお目に掛かることもあるかと思いますが、オリジナルのスピアジーナがどんな車かご存知でない方も多くおられるのではないでしょうか。まずは1958年に発売されたこの車がどういったものなのかを見ていきましょう!

1957年に登場した2代目500(NUOVA 500)をベースにカロッツェリア ギアが製作

出典:http://www.fiat-auto.co.jp/archives/FIAT_NUOVA_500.php

スピアジーナはイタリアで最も有名なボディデザインスタジオ、カロッツェリア・ギア社が制作したモデルです。海沿いのホテルなどでの利用を想定して作られたもので、真夏のビーチを堪能するべく完全なオープンカーとなっています。家庭用乗用車として使われていた車ではなかったのですね。

ベースとなったのはフィアットが1957年に発売した「2代目(NUOVA)500」というモデル。500はイタリア読みの「チンクエチェント」と読みます。2代目と銘打ってはいるものの、2人乗りの初代500とは全く別仕様。

当時主流となっていたのは初代500の後継機の600(セイチェント)でしたが、流行りつつあったスクーターに価格面で叶わない部分があり、NUOVA500はそのために制作された低価格と性能を両立させた車種だといいます。

これが功を奏し、NUOVA500は多くの人気を集めました。リゾート仕様のスピアジーナの登場もNUOVA500の大衆受けがあってこそのものではないでしょうか。どちらも当時一世を風靡した自動車だということですね!

ルーフレス、ドアレス、短縮ウィンドウディレクターに藤編みシートを採用

リゾートでの利用に特化されているため走行性能よりも完全に見た目を重視。天井もドアもなく、フロントウィンドウも通常の自動車よりかなり短くした外観はテーマパークのアトラクションを彷彿とさせます。

内装にはまるでビーチチェアーのような藤編みのシートを採用。雰囲気の演出はもちろん、これなら濡れても平気ですね。そんな遊び心満載のスピアジーナ当時、ビーチに羽を伸ばしに来ていた観光客の気分を更に高めることに一役買っていたのでしょうね。

フィアット・500Cがベースのスピアジーナ ’58エディション

出典:http://www.fiatpress.co.uk/

続いては発表された限定車のうちの1つ「スピアジーナ’58エディション」について見ていきましょう。このモデルは開閉出来るソフトトップも付いており、より一般向けに作られたもの。どこか懐かしい雰囲気と実用性を兼ね備えた1台となっています。

500C 1.2をベースに1958台限定販売

ベースには1.2ℓのエンジンを積んだフィアット500のオープンカーモデル「500C」を採用。スピアジーナが誕生した年代に合わせて1958台の限定販売となっています。車体だけではなく、生産台数にもこだわりを感じさせる辺りが粋ですね。

ベイビーブルーのボディカラーにアイボリー幌、メッキパーツの組合せ

カラーバリエーションはベイビーブルーにアイボリーの幌を構えた一色のみを用意。その色合いの中にメッキパーツを使用したドアミラーがレトロな雰囲気を醸し出します。またシートにはボーダー柄を施した2トーンカラーを採用。車内も可愛らしくお洒落に仕上げられています。

レトロデザインのホイールやクラシックタイプのエンブレム採用

出典:http://www.fiatpress.co.uk/

ホイールには白とメッキのコントラストに、穴の少ないレトロなデザインのものを使用。膨張色の白が主張しており絶妙なアクセントに。エンブレムにはビンテージ感を演出するクロームメッキのクラシックタイプが使われています。どちらも通常の500Cにはない特別感を高めていますね。

ルーフレス仕様としリアシートをクルーザーデッキ風に仕立てた受注生産モデル、500スピアジーナbyガレージ イタリア

出典:http://www.fiatpress.co.uk/

もう1種類は受注生産モデルの「500スピアジーナbyガレージ イタリア」。当時のスピアジーナをより忠実に再現したものとなっています。大胆に2人乗り用に作られたその風貌はまさにリゾート仕様。オリジナルに負けじと海が似合う一台となっています!

ガレージ イタリアにより1台ずつハンドメイド

「500スピアジーナbyガレージ イタリア」はその名の通り、ガレージ・イタリア・カスタムズによって1台ずつハンドメイドされるモデルです。

ガレージ・イタリア・カスタムズとは、フィアット・クライスラー・オートモービルズの会長であるジョン・エルカン氏の実弟にあたるラポ・エルカン氏の率いる会社です。

同氏はファッションブランドの経営も手掛けており、実力は世界有数のファッショニスタに数えられるほど。そのデザインセンスは車体のデザインにも大いに発揮されています。

過去にはGUCCIとコラボした「フィアット500byGUCCI」なども制作。自動車業界にファッション業界の風を送り込む担い手としての活躍を見せています。そんなガレージ・イタリア・カスタムズの完全な受注生産だというこの車。その付加価値は計り知れませんね。

洗い流せるクルーザーデッキ、インテリアは防水レザー仕様

出典:http://www.fiatpress.co.uk/

このモデルで最も注目される点はオリジナル同様ルーフが取り除かれ、さらにリアシートをごっそりとなくし、開閉式のテールゲートを備えたクルーザーデッキエリアが設置されていることでしょう。

座席は防水レザーのベンチシートを使用。床にはコルクが敷き詰められているなど、外観だけでなく内装までインパクト絶大です。おまけにデッキエリアで洗い流しの出来るシャワーまで付いているとのこと。まさに海で遊ぶための車といったところでしょうか。

Aピラーを短縮したウィンドウディフレクター仕様も可能

フロントウィンドウは通常のものから、Aピラーを短縮したウィンドウディフレクター仕様にすることも可能。通常よりも短いウィンドウを取り付けることで、さらにオリジナルのスピアジーナに近い外観になりますね。完全にデザイン性重視なので、こちらの仕様を選ぶ人も多いのではないでしょうか。

フィアット・500Cスピアジーナ ’58エディション、500スピアジーナbyガレージ イタリアの価格は?日本に導入される可能性は?

ここまで発表された限定車2種類について見てきましたが、その値段が気になるところですね。また今回はイギリスでの発売となりますが、日本で乗れるならまさに注目の的です。今後日本への導入はあるのでしょうか。

500Cスピアジーナ ’58エディションの価格は?

まず一般向けに作られるスピアジーナ’58エディションの価格は\3,024,000。通常にフィアット500Cよりも50万近く高い値段設定となっています。もっと値段が上がるかと思いきや、これは他のコンプリートカーと比べても大差のない値段だといえますね。

日本での輸入販売も行われていますが、1958台の限定販売ということもあるので欲しい方は注文を急いだ方が良さそうです。

500スピアジーナbyガレージ イタリアの価格は?

続いて受注生産の500スピアジーナbyガレージ イタリアはというと、価格についての情報公開はされていませんでした。ですが相当なプレミアが付くことが予想され、’58エディションよりもはるかに値段は吊り上がることでしょう。

日本への導入も未定。今のところ手に入れるのは難しそうです。今後の情報に期待しましょう!

まとめ

出典:http://www.fiatpress.co.uk/

今回は1958年に発売されたフィアット・500スピアジーナ ジョリーのオマージュにあたる限定車2種類を紹介しました。さらっとお洒落な「’58エディション」に、大胆でインパクトのある「500スピアジーナbyガレージイタリア」。どちらも性能ではなく、大きく変わるのは見た目です。

この2台に価値を感じる人が多く居ることは、自動車のファッションとしての側面を表していますね。オリジナルのスピアジーナの成り立ちを思うと、それが古くから変わらないことだということも感じさせられます。

自分が愛せるものを選ぶことで、より豊かな日々を送れるのではないでしょうか。

新車情報カテゴリの最新記事