売れ筋ミニバン、買いはどっちだ!?ホンダ・ステップワゴン vs. 日産・セレナ

売れ筋ミニバン、買いはどっちだ!?ホンダ・ステップワゴン vs. 日産・セレナ
photo by 日産自動車株式会社

ミニバンとしては世界初となる「同一車線自動運転」という武器を引っ提げ昨年登場した、日産・セレナ。先代同様、好調なセールスを記録しています。この激戦区でライバルとして大きく立ちはだかるのが、ホンダ・ステップワゴンです。ユーザーにとって本当に使いやすいのは、果たしてどちらなのか?このクラスのミニバンを選ぶ際にポイントとして抑えるべき5つの項目で、白黒はっきりさせてみましょう。それでは、スタートです。

【エクステリア】「イマドキ」感の高いセレナは注目

photo by 日産自動車株式会社

まずは、エクステリアについて見ていきましょう。セレナは、切れ長のきりっとした目つきがとても印象的です。ミニバンに限った話ではありませんが、最近は迫力のある顔つきが好まれる傾向にあります。そういった点から考えると、セレナはトレンドに沿ったデザインになっているといえるでしょう。ところどころにエッジが効いていて、若々しい感じがします。

photo by 本田技研工業株式会社

一方ステップワゴンですが、こちらは少し抑えめのやさしいルックスに仕上がっています。押し出し感はあまりなく、欧州の多目的乗用車のような出で立ちです。エアロパーツをまとった「スパーダ」でもライバルにありがちなギラギラ感が抑えられ、よくいえば品よくまとまっています。どんな方でも、どんな場所でも、どんな時でも気軽に乗れるということを考えると、ステップワゴンのこの品の良さはある意味では「アリ」かもしれません。ただ、もう少しスパーダあたりではミニバンらしい思い切った遊び心が欲しかったのも事実です。

メーカーの考え方の違いはありますが、ユーザーが求める「イマドキのカッコよさ」を反映したという点ではセレナに分があるといえるでしょう。

【インテリア】かゆいところに手が届くセレナ

photo by 日産自動車株式会社

ミニバンの一番の売りである広い室内はともに様々な使いやすい工夫が施されており、見どころが満載です。まずはセレナですがシートポジションが高めに設定されており、運転がとても楽になっています。メーターも先代より見やすくなっていて、インパネの質感も飛躍的に向上しました。ステアリングはDシェイプタイプで、足元のゆとりが取られているのがポイントです。オプションにはなりますが、2、3列目にもUSB端子を取り付けることができる点はスマホ世代には嬉しいのではないでしょうか。シートアレンジメントも多彩で、特に2列目の中央部が大きくスライドしてフロントのアームレストになるところなどは快適性を語る上で注目です。3列目の居住性も高く、大人でも楽に座ることができます。この3列目シートの格納がとても簡単というところも、このクルマのメリットです。

photo by 本田技研工業株式会社

対するステップワゴンは、低床パッケージによる乗り降りのしやすさが強みです。小物を置けるスペースも充実しており、全体的な質感が高いといえます。室内はルーミーで、同乗者もこれなら快適でしょう。ホイールベースはセレナより30mm長く取られていて、室内スペースはもちろん、特に2列目の足元スペースはたっぷりと取られています。ただ3列目シートについては座面が少し短いところがあり、長距離の移動は辛い部分があるでしょう。この3列目シートは床下格納式となっていて、荷室が広く使えるという点は大変魅力的です。それだけに、先代の2列目ベンチシート仕様で設定されていた格納機能がなくなったのは惜しまれます。

以上のことから室内のユーティリティという面から判断すると、わずかではありますがセレナの方がユーザーフレンドリーなつくりになっていると考えられます。

carteacher

評価レビューカテゴリの最新記事