キーワードは「#型破る」!?アウディ・Q2を国産人気SUVと徹底比較!

キーワードは「#型破る」!?アウディ・Q2を国産人気SUVと徹底比較!
     
   

 「#型破る」というトリッキーかつ大胆不敵なハッシュタグ(宣言)とともに満を持してそのSUV市場に登場を果たしたアウディ・Q2。発売から半年が経ちましたが、その後も売れ行きは好調のようです。

昨今のSUVブームで、各社さまざまなSUVをラインアップさせていますが、アウディ・Q2が他車と比べて優位に立つ理由は何なのでしょうか? 以前、Q2発売直後もその魅力をドイツ御三家とともに検証していきましたが、ここでは国内メーカーの人気SUVと比較して、その先進性についてお伝えします。

以前の記事はこちらから!

アウディが送り出す新たな刺客Q2。ライバル車との比較から見えてくるその実力は?

アウディがこの車に込めた思いや今後の自動車業界を牽引していこうという意志を感じさせる様々な意匠や装備について、前回の記事も参考にしながら今一度おさらいしてみましょう。

アウディ・Q2を改めておさらい!

日本において欧州プレミアムブランドの中でアウディを選択することの一つのメリットには、アウディには多種多様な排気量、サイズの車種が用意されている点であるといえるでしょう。

日本は国土が狭く、あまり大きな車では持て余してしまうという理由もあり、他国に比べてサイズ感にシビアな環境です。欧米の車は道路事情も相まって比較的日本国内で乗るには少し大きいと感じる方も数多くいらっしゃることと思います。

その点でアウディはA1、A3、Q3など比較的コンパクトなサイズの車も数多くラインナップされています。ことに日本においてはマッチングする車種も数多くあり、ある意味では肩ひじ張らないサイズ感の車に乗ることこそが、知的な選択といえるのではないでしょうか。

そしてこのQ2も、そんな日本の環境に大変フィットした車であるといえましょう。全長4,200mm、全幅1,795mm、全高1,530mmとコンパクトながらも、そのSUVフォルムで居住性、積載性ともに不足は感じることがありません。最小回転半径も5.1mと抜群の小回りの良さを実現しています。

また、その走りに関しても3気筒1.0L TFSI、4気筒1.4L TFSIエンジンの二種類をラインナップしており、走行環境に合わせて選択することができます。TFSIならではのスーパーチャージャーとターボチャージャーを合わせた低速、低回転から高速、高回転までのレンジの広いトルクフルな走りは、車好きも納得の安心感があります。

エクステリアもシャープでダイナミックなSUVらしいデザインとなっています。近年のアウディのデザインを踏襲しつつも、それを超えるポリゴンデザインコンセプトを採用しています。複雑な面を組み合わせることで美しいラインを描いています。

運転支援や安全機能に関しても、0-200km/h間をストップアンドゴーで追従走行可能なアダプティブクルーズコントロールやアウディパーキングシステム、アウディサイドアシスト、アウディアクティブレーンシステムなど上位機種と変わらぬ機能が装備されています。

さらに「MMIナビゲーションシステム」や「Audiスマートインターフェイス」、そして話題をさらった「アウディバーチャルコックピット」も設定されています。

そして何よりも重要なのは、「このQ2は車両本体価格299万円から設定されている」ということです。広くドライバーを確保しようという気概のこもったエントリーモデルとしての価格設定ということはもとより、これだけの装備、機能がアウディのQ2には搭載されている、ということが驚きです。

評価レビューカテゴリの最新記事