アウディが送り出す新たな刺客Q2。ライバル車との比較から見えてくるその実力は?

アウディが送り出す新たな刺客Q2。ライバル車との比較から見えてくるその実力は?
     
   
[PR by AUDI AG.]

世界中で一大ブームを巻き起こしているコンパクトSUV。この人気ジャンルのエントリーモデルとして今回アウディから送り込まれたのが、アウディでもっとも小さなSUV、アウディ・Q2です。今回はライバル車との比較を交え、来月発売のQ2の魅力についてお送りします。

 アウディ・Q2とは?

photo by アウディジャパン

2017年現在、アウディにはQ2、Q3、Q5、Q7と、4車種のSUVがラインアップされています。今回紹介するQ2はその中でもっともサイズが小さいエントリーモデル。価格も299万円からと抑えられ、エクステリアは従来のアウディらしからぬほど大胆で、エッジの効いたデザインが採用されました。また、日本未導入のアウディ・A3の3ドアモデルやTTと同じMQBプラットフォームをベースに開発されています。 


近年の自動車業界にとって若者の自動車離れの問題は深刻なテーマ。特にアウディのような高級車ブランドにとってユーザー層の若返りは永遠の命題といえるでしょう。そういった意味でアウディ・Q2は、アウディに触れたことのない若いユーザーに、アウディの良さを知ってもらうための重要な役割を担っています。

若いユーザーも購入を検討しやすい価格、使い勝手の良いパッケージングを実現しつつ、アウディらしい重厚感・プレミアム感を味わってもらうという、なんとも相反する使命がアウディQ2には課せられているのです。

エッジの効いた「ポリゴンデザインコンセプト」

photo by アウディジャパン

Q2のサイズは全長4200mm、全幅1795mm、全高1530mm。特に全幅を1800mm以内に収めつつ、大人5人分のスペースを確保しています。これは道幅の狭い日本市場にまさに打って付けのパッケージングといえるでしょう。

従来のアウディ車と比べて、アウディ・Q2のエクステリアはエッジの効いたキャラクターラインがふんだんに引かれ、どこから見てもQ2とわかる、メリハリの利いたデザイン「ポリゴンデザインコンセプト」が特徴です。運転席上部からリアエンドへとなだらかな傾斜を作ることで、クーペライクなスポーティさを演出。Cピラーのブレードにボディ同色と、アイスシルバー・マットチタングレーを用意し、雑貨のようなファッション性も与えています。

エクステリアは、上級モデルのSUVより全高を抑えつつ、さらにクーペライクなデザインを採用したことで、コンパクトSUV特有のスポーティさが実現できているといえるでしょう。

重厚感とファッション性を兼ね備えたインテリア

photo by アウディジャパン

エクステリア同様、インテリアも多角形・多面体を用いたデザインコンセプトを取り入れつつ、丸形のエアコンルーバーなどを採用し、スポーティさを演出しています。また、水平方向に引かれた太いアクセントラインは、従来のアウディとは違う路線のファッション性を持つ印象です。

photo by アウディジャパン

また、Q2のスポーティな演出はシートからも見て取ることができます。シートポジションは比較的低めにポジションを取ることが可能で、シート自体もサイドサポートのホールド感が感じられるのです。

新車情報カテゴリの最新記事