【試乗レポート】電気自動車の新ジャンル! 日産・ノートe-Powerって、どんなクルマ?

【試乗レポート】電気自動車の新ジャンル! 日産・ノートe-Powerって、どんなクルマ?
photo by 公式サイト

「電気自動車の新しいカタチ」というキャッチコピーで登場したのが、日産・ノート e-Powerです。11月の新車乗用車販売台数ランキング(日本自動車販売協会連合会発表、軽乗用車は除く)で、前年同月比2.4倍となる15,784台を記録してトップに躍り出ました。日産車が車種別販売ランキングでトップになるのは、1986年9月の6代目サニー以来30年ぶりのこと。その人気を牽引しているのがe-Powerで、事実11月末現在でのノートの販売はこのe-Powerが8割弱を占めており、いかにユーザーがこのようなクルマを待っていたかが伺えます。そのe-Power、果たしてどんなクルマなのでしょうか。

ノートって、そもそもどんなクルマ?

photo by CEFICEFI(CC 表示-継承 3.0)

ノートとは日産自動車が製造・販売するハッチバック型の小型乗用車で、日産の世界戦略車として位置づけられています。初代モデルはスカイラインをデザインしたチームが線を引き、2005年から日本で発売されました。他の1.5リッタークラスよりも比較的価格が抑えられていたことから人気に火が付き、日産を代表するコンパクトカーとなりました。また、2008年には1.6リッターモデルも追加されています。

現行型となる2代目は、2012年より発売が開始。日本の自動車メーカーとしては初めて女性が開発責任者として腕を奮ったモデルということで、話題になりました。そしてこのモデルからはさらにグローバル化が進み、日本だけでなくメキシコやイギリスでも生産されることになりました。毎年のようにきめ細やかなマイナーチェンジが行われ、2016年に追加されたニューモデルの目玉がe-Powerというわけです。

carteacher

評価レビューカテゴリの最新記事