What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

人気沸騰のSUV、おすすめはどっち?ホンダ・ヴェゼルvsスバル・XV

2017.07.17

[PR by Honda Cars IBARAKI]

現在、世界的にもっともホットなジャンルであるとされているSUV。とりわけ国内で注目を浴びているのが、先ごろフルモデルチェンジを果たしたばかりのスバル・XVです。このXV、依然好調な売れ行きを示しているホンダ・ヴェゼルと比較してみるとどうなのでしょうか。ここでは、クルマを見ていくうえで欠かせない5つの視点から両車の人気の秘密を深掘りしていきたいと思います。それでは注目の勝負、スタートです。

【エクステリア】「SUVが本来あるべき姿」を見事に示したXV

photo by 本田技研工業株式会社

まずは両車のエクステリアから見ていくことにしましょう。ヴェゼルは適度に凝縮感があり、まとまりのいいデザインとなっています。これまでのSUVにありがちであった泥臭い部分を徹底的に排除して、クリーンなイメージがあるところも幅広い年齢層に人気の秘密といえるのではないでしょうか。

photo by 株式会社SUBARU

対するXVは、スバルの提唱する「DYNAMIC×SOLID」を全身で表現したといえるデザインテイストが特徴です。遊び心や都会的な洗練さを両立させて、街でもアウトドアシーンでも映えるところを狙ったのでしょう。また特徴的なサイドクラッディングの使用面積が広がったことにより、よりSUVとしてのイメージが高まりました。

SUVとは本来どういうクルマか?という基本に立ち返って考えてみると、XVは実に正しい方向性でデザインがなされているといえます。よってここでは、XVを勝者としたいと思います。

  ヴェゼル HYBRID X Honda SENSING(4WD) XV 2.0i-S Eyesight
全長×全幅×高さ(mm) 4,295×1,770×1,605 4,465×1,800×1,550
室内長×室内幅×室内高(mm) 1,930×1,485×1,265 2,085×1,520×1,200
重量(kg) 1,370 1,440
ホイールベース(mm) 2,610 2,670
エンジン最高出力 132PS(97kW)/6,600rpm 154PS(113kW)/6,000rpm
JC08モード燃費 23.2km/l 16.0km/l
タイヤサイズ 215/60R16 225/55R18
本体価格 271万6000円 268万8400円

【インテリア】質感という点では、ヴェゼルが一歩リード

photo by 株式会社SUBARU

普段目にする機会の多いインテリアは、エクステリア以上に気になる部分といえます。XVはクルマを操作するうえで重要なスイッチ類を、メタル調の加飾で囲んで機能性を表現。安全を最優先させた、いかにもスバルらしいデザインといえます。全体的に視認性と操作性に優れているという点は大いに評価できますが、よくも悪くもシンプルにまとまり過ぎている感が強いです。

photo by 本田技研工業株式会社

この点ヴェゼルはソフトパッドの使い方などが非常に巧く、全体的に上質な雰囲気が漂っています。色使いのセンスも秀逸で、乗り込んだ瞬間からクラスを超えたクオリティの高さを感じ取ることができるでしょう。もちろんスイッチ類の操作性も申し分なく、タッチの質感も高いものになっています。

これまでのスバル車と比べてみると非常にレベルアップしたといえるXVですが、ライバルと比較するとあと一歩という部分があるのも事実。ここはヴェゼル有利となります。

【走りの性能】両車ともメーカーのカラーを最大限に発揮

photo by 株式会社SUBARU

次に、走りを比較してみましょう。ヴェゼルはハイブリッドとデュアルクラッチトランスミッションによる、スムーズで力強い走りが魅力です。ハンドリングもナチュラルで、スポーティなところは好感が持てます。ガソリン車もCVTとのマッチングがよく、こちらも前身で走る歓びを享受できるところが持ち味といえるでしょう。オンロードユースでは、この乗り心地に敵うコンパクトSUVはないともいえます。XVはインプレッサと同様に新プラットフォーム「SGP(スバルグローバルプラットフォーム)」を採用しており、走りの質感が飛躍的に向上しているのが特徴です。不快な微振動が巧く抑えられ、ステアリングフィールも取付け部の剛性が上がっているため非常に素直。また悪路走破性に優れた「X-MODE」が一部グレードを除き標準装備になっている点も、心強いのではないでしょうか。

双方ともメーカーのカラーが感じられ、実に面白い対決といえます。両車ともに走りの性能を徹底的に磨き込んでいるということで、この勝負は引き分けとします。

【燃費性能】やはりハイブリッドがあるヴェゼルは有利

photo by 本田技研工業株式会社

燃費という面では、やはりハイブリッド車がラインナップされているヴェゼルが有利なのは間違いありません。その数値は、21.6~27.0km/l。XVの2リッターエンジン車で16.0~16.4km/l、1.6リッターエンジン車で15.8~16.2km/lですので、その差は一目瞭然といったところでしょう。もちろんXVも2リッターエンジン車では直噴式のインジェクターを採用し、レシオカバレッジを拡大した新リニアトロニックを搭載するなど燃費向上の努力は怠っていません。しかし、内燃機関単体での燃費改善には限界があります。先代に引き続き、ハイブリッド車の導入が待たれます。

【装備・価格】「安全を買う」という意味では、XVはお買い得

photo by 株式会社SUBARU

最後に装備面から両車を見てみることにしましょう。安全装備が充実しているのは両車とも変わりがありませんが、ヴェゼルの「Honda SENSING」は装着グレードが限られているのは残念なところです。逆にXVはというと、アイサイト(Ver.3)や歩行者保護エアバッグ、サイド&カーテンエアバッグ、運転席ニーエアバッグが全車に標準装備となっており、価格も2,138,400円からスタートと良心的なのがトピックといえます。もちろんヴェゼルはXVよりも低価格なグレードがあるのが魅力とも取れますが、トータルで考えた時に本当にお買い得といえるのはやはりXVの方でしょう。

ひとクラス上の質感を求めるなら、ヴェゼルは要注目

両車ともに一歩も譲らない大接戦となった、今回の対決。新参者のXVが多くのライバルを研究したであろうことは容易に想像がつきますが、もう一歩新たな試みを見たかったというのも事実です。それは何かというと、やはり「上質さ」という言葉に集約されるのではないでしょうか。そういった点では内外装の質感の高さはもちろんのこと、大多数のユーザーがメインとするオンロードユースでの走りの爽快さが際立つヴェゼルの優位性が光ります。コンパクトで都会的なパッケージングのSUVを求めている方にとって、これほどぴったりなクルマはありません。累計販売台数26万台を超える実力を誇るヴェゼル、ぜひクルマ選びの候補に加えてみてはいかがでしょうか。

ヴェゼルご成約でプレゼントキャンペーン実施中! 詳しくは画像をクリック

【関連項目】

ホンダ・ヴェゼルvsトヨタ・C-HR、流行のクロスオーバーSUV徹底比較!

スバル・XV新型が2017年3月登場! 最新情報や予想まとめ

(Visited 426 times, 49 visits today)


あなたが好きな車種はどれですか?

アンケート結果だけをみる

Loading ... Loading ...

Follow on twitter