STIスポーツが好調のスバル・レヴォーグ、D型となってアイサイトが進化!モデルごとの燃費やボディサイズをインプレッサ・レガシィと徹底比較!

STIスポーツが好調のスバル・レヴォーグ、D型となってアイサイトが進化!モデルごとの燃費やボディサイズをインプレッサ・レガシィと徹底比較!
     
   

出典元:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/special/photo.html

スバル・レヴォーグはレガシィツーリングワゴンの後継車として誕生した車です。

スバルの売れ筋となっていたレガシィツーリングワゴンは、レヴォーグの誕生によって生産中止となりました。

ツーリングワゴン車が人気の時代とはいえませんが、利便性を求めたスバルの頑なな姿勢が見られた車です。

レヴォーグはより日本志向の強いツーリングワゴン車となっています。詳しく見ていきましょう。

スバル・レヴォーグの魅力は?

出典元:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/special/photo.html

スポーツマインド溢れる内外装デザイン

研ぎ澄まされた美しさが魅力的です。LEDヘッドライトが装備されており、より鋭く力強いフロントマスクとなっています。

どこから見ても、その佇まいに高級感が溢れており、勝者という言葉を感じざるを得ません。

インテリアは黒とシルバーを基調としたデザインになっており、シックで大人な印象を受けます。

スイッチ類にもこだわっており、手触りや質感まで追求し、ドライブをより楽しませてくれます。

「スポーツカーのようなワゴン」というコンセプトがあり、走りだけでなく内外装のデザインにもスポーツマインド溢れる仕上がりとなっています。

スバル独自のシンメトリカルAWDによる安定性、ダウンサイジングターボエンジン、300馬力のハイパワーパフォーマンスエンジン

スバル独自の4輪駆動、シンメトリカルAWDは山道、雪道など足場の悪い中でも安定した走りを実現してくれます。

シンメトリカルAWDはスバルの人気車に実装されてきた、スバルの強みの一つといえます。

レヴォーグに搭載されているダウンサイジングターボエンジンは、1.6Lエンジン、2.0Lエンジンの2種類があります。

1.6Lエンジンでは最大トルク250N・M、最大出力170馬力を誇りますが、2.0Lエンジンでは最大トルク400N・M、最大出力300馬力という力強さを誇ります。

ストップアンドゴーが多い郊外よりも、遠出する際の方が車の性能を活かすことが出来るでしょう。

日本の交通環境に最適なボディサイズのステーションワゴン

レヴォーグのボデイサイズは全長×全幅×全長=4690mm×1780mm×1485mmとなっています。

5代目レガシィツーリングワゴンは海外市場での販売に力を入れていたため、全長+100mmと大きなサイズで販売されていました。

レヴォーグは日本での販売を視野に入れ、5代目レガシィツーリングワゴンよりも小さいサイズになりました。

4代目レガシィツーリングワゴンとほぼ同じサイズといえます。

進化したアイサイトと安全性能

スバルの先進安全運転機能であるアイサイトが進化し、ツーリングアシストという機能がレヴォーグの全グレードに搭載されています。

評価レビューカテゴリの最新記事