What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

【国沢光宏の言いたい放題】東京モーターショー直前!初心者でも楽しめる見どころを解説!【第5回】

2017.10.18

毎週水曜日更新!「国沢光宏の言いたい放題」

この動画は、自動車評論家の国沢光宏先生が、クルマにあまり詳しくない初心者に向けて、「分かりやすく」「言いたい放題」解説する動画です。

「国沢光宏の言いたい放題」いよいよ来週から始まる東京モーターショー!その見どころを紹介!

いよいよ来週10月27日(金)から東京ビックサイトで開かれる「第45回東京モーターショー2017」!

東京モーターショーは、2年に1度開かれる世界でも有数のモーターショーとして国内はもちろん、国外からも多くの見物客が訪れます。

「国沢光宏の言いたい放題」第5回となる今回は、東京モーターショー直前ということで、初心者でも楽しめるようにその見どころを紹介! 国沢先生の考える東京モーターショーの行く末や若者へのメッセージを語っていただきました。

東京モーターショーへ行こう!

牧野:前回は自動運転について色々お伺いしました。今回はいよいよ来週に迫りました東京モーターショーの話をしていきたいと思います。緒方さんは東京モーターショーに行ったことがありますか?

緒方:実は行ったことがなくて、行ってみたいと思っているんです。

牧野:実は僕も行ったことがないんですよ。

国沢:えっそうなの!?

牧野:今回は取材として初めて行く予定なんです。緒方さんも一緒に行かれますか?

緒方:ぜひ! 行きたいです!

牧野:それじゃあ、その話は後でお話しするとして、今回は初めての東京モーターショーですので、国沢先生に見どころとかそういうところを聞きたいですね。

国沢:見たこともない人に説明するのはすごく難しいですね。どういうイメージをお持ちですか?

緒方:クルマがたくさん並んで、綺麗なブースがあるといったそんなざっくりしたイメージはあります。

牧野:僕は東京モーターショーは行ったことがないのですが、オートサロンとか他のモーターショーには行ったことがあるので、なんとなくのイメージはありますね。

国沢:オートサロンって、薄着のお姉さんがいっぱいいて、それを観に行ったんですかね。

緒方:あぁ、なるほど(笑)。そっちなんですね。

牧野:コンパニオンもモーターショーの魅力の1つですよね。

緒方:魅力の1つね……。

次ページ 近年、海外メーカーが出展を取り止めている理由

近年、海外メーカーが出展を取り止めている理由

写真は「東京オートサロン2017」の様子。

牧野:今回の東京モーターショーはどうやら輸入メーカーの出展が少なくなるという話を聞いたのですが。

国沢:ここ何回かは元々少なかったんだけど、今回は極端に少なくて、アメリカのクルマが1つ

もないとか、イタリアのクルマが1つもないとか。

牧野:それはなぜなんですか?

国沢:日本のモーターショーというのがポジション的にだんだん地盤沈下してきていて。

牧野:地盤沈下ですか?

国沢:中国の方が元気がいいじゃないですか。モーターショーって出展するのにお金もかかるし、そういうのを日本にやっても儲かるのかと言ったら意味がないと。

牧野:確かに、アメ車とかも日本では全然走ってないですよね。市場がないといいますか。

国沢:昔のモーターショーといえば、フェラーリとかランボルギーニとかロールスロイスとか、普段見たこともないようなクルマが並んでいて、華やかだったんです。でも、それがみんないなくなっちゃった。

緒方:えっ、そうなんですね。モーターショーの魅力の1つのようなイメージだったんですけどね。

国沢:そうですね。昔は東京モーターショーって世界一流だったんですよ。世界三大モーターショーといえば、東京モーターショー、ドイツのフランクフルトモーターショー、フランスのパリサロン。この3つが世界三大モーターショーだったんだけど、今はアメリカのデトロイトとか、中国の北京、上海、後はスイスのジュネーブとかそういうにも抜かれちゃった。中国の広州よりも人が少なくなったのかな。

牧野:それじゃあ、だいぶさみしい感じなんですね。

国沢:それをなんとかしたいと「今年」から考えているみたいなんです。でも、準備は1年間じゃ間に合わないので、今年は間に合わないのかな。

牧野:なるほど、じゃあ今年はまだちょっと……。

国沢:今年から大々的に変革してやり直そうというのはちょっと間に合わなかったみたい。でも、やれることは色々やったので、例えばつながる技術とか、コネクトビリティ。分かりますか?

緒方:コネクトビリティ……。

国沢:専門なんでしょ?クルマの中に端末を入れて、その端末で外の情報とやり取りして、ご飯を食べるところや観光地の情報を手に入れたり、外部と通信しあったりというのはこれからのクルマになるだろうと。

緒方:そうなると皆さんも色々な場所に行きやすくなりますね。

国沢:本当にそう思いますか? クルマにそんなものがついてなくてもスマホで十分でしょ?

緒方:確かにそうですけど……。

国沢:スマホの他にクルマに要りますか?

緒方:そう言われると……。ナビはあった方がいいと私は思いますが。

国沢:ナビは合った方がいいと思うけど、コネクトビリティはあんまり。だって、クルマでやろうとすると、例えばメールも走行中は読めない。読み上げてくれるならいいけど、それだったらスマホのシリで十分じゃないですか。

緒方:確かに……その通りですね。

国沢:要するに爺さんが考えているんですよ。爺さんが考えてるからまだちんぷんかんぷんなところが今年はまだあるかもしれない。

次ページ 東京モーターショーの見どころは?

東京モーターショーの見どころは?

牧野:それでは今年の見どころって何があるんでしょうか?

国沢:僕は若い人に見てもらって、見どころというか、けなしどころを探してほしい。もうジジイの時代じゃないんですよ。もっとこうしたらいいという提案がほしいから若い人に行ってもらって「腹抱えて笑うぜ」ってところをどんどん教えてもらいたい。そういうところを次のモーターショーに生かすともっと良くなると思います。

緒方:東京モーターショーは1年に1回なんですか?

牧野:いえ、2年1度ですね。

国沢:さっきから小馬鹿にしているように見えますけど、東京モーターショーって日本では最大級のショーで、10日間も開催してるんですよ。

緒方:10日間もやってるんですか!?

国沢:会場に行くと歩くのが大変なくらい広くて、あそこに出ているナレーターのお姉さんやクルマの横に立っている人って東京モーターショーに出るとギャラが上がるくらいです。

緒方:えっ、すごい!

国沢:そこの人を選ぶのになんどもオーディションをやって、簡単にはなれないんです。そこなれたというのが日本の1流と言われるようなものなんです。そのくらい格式はちゃんとある。でもちょっと古臭くなってきているので、ここはなんとか直して2年後のモーターショーや4年後のモーターショーでもう1回世界の人が東京に行ってみたいなと思うような内容にできたらと僕は思っています。

牧野:なるほど、じゃあこれからに期待なんですね。

国沢:期待するためには今回行ってもらって、「こんなんダメだよ! 古いよ!」なんてことをどんどん見つけてもらって、ガツンと言ってほしい。

緒方:若い人たちの意見が必要なんですね。

国沢:最後にそういう話を聞いてなんとか次につなげなきゃいけない。日本って今色んなものがそういう時代になってる。30代くらいの人ってちょっと元気がないので、10代、20代くらいの人がガツっと言った方がいい気がします。

牧野:今回の東京モーターショーにはもちろん国沢先生ももちろん行かれると思うのですが、イベントへの出演予定などはあるでしょうか?

国沢:土曜日にテリー伊藤さんとのトークショーみたいなものがあります。

牧野:なるほど、ではそちらもぜひ皆さんお越しください。ということで、今日のまとめをお願いします。

国沢:東京モーターショーは会期も長いし、土日もやってるし、ビックサイトなので、仕事終わって5時からでも行けるんですよ。とにかく行って文句をお願いします。

牧野:なるほど分かりました。それではまた次回お楽しみください!

(Visited 647 times, 515 visits today)

文:イキクル編集部


あなたが車内でよく聞く音楽のジャンルは次のうちどれですか?

アンケート結果だけをみる

Loading ... Loading ...

Follow on twitter