fbpx

徹底比較プリウスvsプリウスPHV プリプリ対決!どっちがベストチョイス?

徹底比較プリウスvsプリウスPHV プリプリ対決!どっちがベストチョイス?
     
   

先月15日に登場した新型プリウスPHV。EV走行距離の大幅な向上と専用デザインを与えられたことでさっそく話題になっています。ただでさえ燃費自慢のHEV版プリウス以上となれば、誰もが注目するのは当然でしょう。しかし、果たして本当にHEVプリウスではなくてPHVの方が優れているのでしょうか?

そこで経済性や使い勝手を中心に、PHVにはどんなメリットがあるのかなどを徹底比較。このプリプリ対決を解説します。

そもそもハイブリッドとPHVの違いは何?

photo by トヨタ自動車株式会社

ハイブリッド

プリウスで採用されているのは、もうすっかりお馴染みとなったハイブリッドシステム。通常のエンジンと、走行中に充電される電力で動くモーターの2種の動力を利用して走行します。急発進する場合を除き、停止状態から一定の速度まではモーターのみで走行し、その後エンジンと併用して走行するので、燃費が非常に良いと言うのが特徴です。

特に最近はエンジン自体をアトキンソンサイクルなどの燃費の良いものに変更。バッテリーの性能なども向上した結果、エンジンの作動時間が極端に減り、プリウスのような40㎞/Lを越える燃費性能を実現したクルマが登場しています。

メリット:もちろん通常のエンジン搭載車よりも圧倒的に燃費性能が良い。

デメリット:通常のエンジン搭載車よりも30~40万円ほど車両価格が高くなる。

PHV

PHVは「プラグイン・ハイブリッド」という正式名称の通り、プラグイン、つまり家電の様にコンセントにプラグを差し込んでバッテリーに充電しておき、その電力を使って一定の距離をエンジンを作動せずに走行させるシステムです。そのバッテリーを使いきると標準のハイブリッド車と同じようにエンジンとモーターを併用して走行します。これがPHVです。ポイントは最初にモーターのみで走行できる距離で、新型のプリウスPHVでは60㎞を超えるとされています。つまり、毎日60㎞以内の距離しか走らない方なら、ガソリンを一滴も使わないということも可能なのです。

さらに非常時や屋外で家電製品を使う際の電力供給源として利用できることも注目されています。プリウスPHVの場合は一般家庭2日分の電力供給が可能とされています。

メリット:ハイブリッド車よりもガソリンを使わない分、燃料費がかからず環境に優しいのでクリーンエネルギー補助金が受けられる。

デメリット:ハイブリッド車に比較して80~100万円ほど車両価格が高くなることに加え、自宅に充電設備を備えないと意味が無い。また、集合住宅や借家では充電することが難しく、公共の充電スポットが増えたとはいえ、常に意識しないと低燃費性能が無駄となる。

次ページ プリウスPHVとプリウスの燃費と価格の比較をすると?

評価レビューカテゴリの最新記事