What’s New本日の注目記事、気になる情報を配信中!

【国沢光宏の言いたい放題】国産車って同じようなクルマばかり?なぜこんなに車種が多いの?【第6回】

2017.10.25

毎週水曜日更新!「国沢光宏の言いたい放題」

この動画は、自動車評論家の国沢光宏先生が、クルマにあまり詳しくない初心者に向けて、「分かりやすく」「言いたい放題」解説する動画です。

「国沢光宏の言いたい放題」トヨタのラインアップは全〇〇種!なんでそんなに数が多いの?

皆さんは現在、新車として販売されているトヨタの全ラインアップは何種かご存知ですか? 正解はなんと53車種! カーマニアの方はともかく、クルマについてあまり興味がない方は、「いっぱい種類があって違いが分からない」、「なんでそんなに数が多いの?」と思われるかもしれません。

「国沢光宏の言いたい放題」第6回となる今回は、なぜトヨタのラインアップがそんなに多いのか、初歩の初歩な質問を国沢先生にあえて聞いてみました! そんな自動車についてあまり詳しくない本当の初心者の方は必見です!

次ページ トヨタの車種が多い理由は?

トヨタの車種が多い理由は?

牧野:今回のテーマはクルマそのものと言いますか、ここで緒方さんに質問なのですが、今トヨタからラインナップされているクルマの数はどのくらいかご存知ですか?

緒方:クルマの数ですか? なんとなくですが、30くらいでしょうか?

牧野:30でも結構多くないですか?

緒方:え、そうですか? なんとなくで答えたのですが……。

牧野:正解は53です。

緒方:もっとあるじゃないですか! 

牧野:トヨタは大きな企業というのはありますけどね。ミニバンだけでも11車種あります。

緒方:そんなに!? すごく多いですね。

牧野:今回は、なぜこんなに車種があるのかということをお伺いしたいと思って、本日のテーマです。

国沢:ふむ、ルージュあるじゃないですか。あれって何種類くらいありますか?

緒方:えっ、何種類か分からないくらいありますね。

国沢:色はどうですか? 色んなメーカーで同じような色ありますよね? なぜそれを選ぶんですか?

緒方:やっぱり自分の唇の発色が良くなるので、定番を選びますね。ブランドだと自分の唇の質にあったものを探しますが……。後は、女の子が大好きなのは匂いですね。ちょっとつけるだけで匂いがするっていうのは売れます。

国沢:牧野君はカップ麺食べますよね? カップ麺は同じようなものが並んでますよね。僕なんか迷うんですが、どうやって選びますか?

牧野:え、やっぱりカップヌードルのあのパッケージが安心するから買おうかなとかですかね。

国沢:例えば、カップ麺の売り場に行って3種類くらいしか種類がなかったらどうですか?

牧野:あれ? 少ないなとは思います。

国沢:緒方さんもルージュが売り場に3種類くらいしかなかったらどう思いますか?

緒方:どうして3種類なのか、少ないなと思いますね。

国沢:でしょ? クルマもまったく同じなんです。トヨタって、トヨタの中でもトヨタ店とかトヨペット店とかネッツなど、ディーラーが分かれているんです。それぞれのお店で同じ車種は売れないじゃないですか。例えばアルファードってミニバンだったらアルファードで売ったり、他ではヴェルファイアで名前で売ったり。ノアなら他ではヴォクシー。そういうように、53車種のうち、半分くらいはそういう名前が違うだけのクルマがあります。

牧野:なるほど、いわゆる姉妹車って言われているクルマですね。

国沢:さらに、同じ形でも上下に大きさが違うんです。

牧野:上下にですか?

国沢:まず、横で兄弟姉妹車がある。それからクルマの大きさが違う。1300CCのヴィッツみたいなクルマがあって、その上はカローラ。さらにはもう一つ上のマークX、カムリ、クラウンと大きさが違う。だからまず大きさが違って、横幅があって、さらに今言ったのはセダンだけど、セダンの他にミニバンがあるし、SUVがあるし……というふうに分けていくと別にいっぱいあるけど、皆違うんです。

牧野:それではトヨタが53車種もあるのは言ってしまえば、トヨタのブランド力によるところもあるのでしょうか?

国沢:上下の大きさの違いで5~6段階。それからSUVやミニバン、セダン、ハッチバックという横の違いもある。それだけで5×4で20。さらにそこに兄弟車があれば40じゃないですか。

緒方:あ~なるほど! 数がありますね。

次ページ 各メーカーはどうやってユーザーにクルマを売っているのか

各メーカーはどうやってユーザーにクルマを売っているのか

牧野:例えばトヨタのアルファードとヴェルファイアはいわゆる姉妹車と言われているものですが、言ってしまえば同じものですよね。売る側のディーラーさんも売る際に苦労すると思うのですが。

国沢:アルファードを売っているお店とヴェルファイアを売っているお店が隣にないんです。ディーラーが隣に並んでいればお客さんはどっちに買おうかって迷いますよね。だけど、「うちの街にはヴェルファイア売ってるお店があります」、「こっちの街にはアルファード売ってるお店があります」というふうに散らばっていたら別々のお店で買いますよね。

牧野:そういう違いがあったんですね。

国沢:それからもうちょっと言うと、アルファードはちょっと真面目な感じのクルマで、ヴェルファイアはちょっとヤンチャなイメージ。それもまた好みなので、同じようなクルマでもちょっと外観が違う。さっきの口紅でも色や匂いなど、ちょっとした好み差があって、それも選べなくなるとつまらないでしょ。

緒方:そうですね。

牧野:その中から苦労して選ぶわけですからね。

国沢:クルマもそうなんです。今はクルマを全然買おうと思っていないから「なんで50も種類があるんだよ」と思うかもしれませんが、実際買おうとするとまず予算を決めるじゃないですか。その時点で10車種くらいしかなくなっちゃう。その次はボディ。例えば、「4ドアセダンは乗れないからSUVかミニバン」となるともう2車種くらいしかなくなっちゃうんです。

牧野:メーカー内の差は分かりましたが、メーカー同士の差というのはどう違うのでしょうか?

国沢:それもやっぱりカップ麺と一緒で、カップ麺のメーカーが違うのと一緒で、大きな差は全然ないんだと思います。決定的に日産とトヨタが何が違うかって言ったら、人が乗れて、移動できて、燃費もそこまで変わらない、デザインも好みと言われたら、マルちゃんと日清どうやって選びますか?

牧野:そう言われると難しいですね。全然差が感じられないです。

国沢:シャネルとディオールどこが違う?

緒方:う~ん……。

国沢:ほら、こうなるでしょ? 微妙な好みとか、そのメーカーのバックボーンとか。最終的にはそのブランドが好きか嫌いかです。車はバックボーンや趣味性やデザインの違いがありますので、そういうところで皆自分の好き嫌いを決めているんです。

牧野:なるほど、国沢先生のお仕事というのはクルマそのものの批評を行っているというわけなんですね。

国沢:そうです。新しいカップ麺が出たらそれを食べてその批評を言う人なんです。

牧野:ありがとうございます。クルマも口紅やカップ麺と同じで自分の好みのメーカーや車種があるから面白いんですね。

国沢:あとはクルマは高いから簡単には買い替えられない。だから慎重になってバイヤーズガイドを慎重に見るんです。

牧野:それでは最後に国沢先生のまとめをお願いします。

国沢:クルマを買う時はディーラーに行って、試乗させてもらうといいです。試乗すると人間関係ができて断れなくなったらそれも良しかなと思います。

牧野:分かりました。というわけで本日の動画はここまで! また次回お会いしましょう。

【オススメ記事】

【非モテがグラドルにひっぱたかれた】モテる男が車デートで絶対しないことって?

(Visited 16,768 times, 16,806 visits today)

文:イキクル編集部


あなたが好きな車種はどれですか?

アンケート結果だけをみる

Loading ... Loading ...

Follow on twitter