こんな危険な道、絶対に走りたくない!日本の「酷道」ランキングベスト10

こんな危険な道、絶対に走りたくない!日本の「酷道」ランキングベスト10

道路は私たちの日常生活には欠かせないものです。

日本の幹線道路は「高速自動国道」の他に、俗に一般道と呼ばれる「一般国道」や、「都道府県道」「市区町村道」といった「主要地方道」といったものに大別できます。特に一般国道や主要地方道にはそれぞれの道路に番号が付けられており、有名な国道の番号は皆さんも地図やカーナビなどで馴染みがあるのではないでしょうか。

しかし、国道の中には様々な理由から通行が困難な道路があり、国道の名前にかけて「酷道」と呼ばれています。

今回は、そんな「酷道」にスポットを当てて、国内に点在している絶対に走りたくない酷道をピックアップ! ランキング形式で皆さんにご紹介します。

日本の酷道ランキング第1位:国道439号

第1位は徳島県徳島市を起点として、高知県四万十市まで348kmに及ぶ国道439号です。この439号は通称「ヨサク」と呼ばれるほど有名な国道で、四国最長路線としても多くの酷道ファンから注目されています。

道路の幅は車1台分しか確保されておらず、未舗装の道路が長く続いています。また、道路上はコケや落ち葉で覆われており、非常に危険な道です。

日本三大酷道の一つとしても非常に有名ですね。

日本の酷道ランキング第2位:国道425号

第2位は国道425号。こちらも日本三大酷道と呼ばれる酷道で、通称「シニゴー」と呼ばれています。区間は三重県尾鷲市からはじまり、和歌山県御坊市まで続く総延長193.5km。もちろん道幅は狭く、車一台分な上に、ガードレールが設置されていない道が続いています。

また、紀伊半島の中でも”最凶”と呼ばれ、道には「転落・死亡」などの看板もあります。

舗装がされていない恐怖もありますが、表示看板にも恐怖を感じる国道ですね。

日本の酷道ランキング第3位:国道418号

国道418号は、福井県大野市から長野県飯田市まで伸びる国道で、こちらも日本三大酷道の1つ。ヨサク、シニゴーのような通称は特にありませんが、「キングオブ酷道」と呼ばれています。国道418号の恵那・八百津区間では、人も含めて全面通行止めです。国道なのに廃道がある道路はあまり見たことがないですね。

ドライブ・グルメカテゴリの最新記事