ドライブに行きたい茨城県の日本の〇〇100選!道路や滝など茨城県の観光スポットをまとめて紹介!

ドライブに行きたい茨城県の日本の〇〇100選!道路や滝など茨城県の観光スポットをまとめて紹介!

出典元:http://oarai-isosakijinja.or.jp/

茨城県の『日本の道100選』

筑波研究学園都市学園東通り(学園東大通り)

筑波研究学園都市の主要幹線道路ですが、緑が多いことでもよく知られ1987年には日本の道100選に選ばれました。

ケヤキをはじめに、カエデやエンジュなどが立ち並び特に新緑の季節は窓を開けて走りたくなる気持ちよさが魅力。

また秋にはカエデが見事に紅葉するので、それを楽しみに毎年遠方から訪れるドライバーも多いとのこと。

街路樹が織りなす四季折々の美しさが評価され、読売新聞が選定する「新・日本街路樹100景」にも選定されています。

つくば道(筑波の山への信仰の道)

出典元:http://www.city.tsukuba.lg.jp/jigyosha/machinami/machinami/keikan100/1002104.html

つくば道の歴史は古く、江戸時代にまで遡ります。

1626年、時の将軍徳川家光によって筑波山にある中禅寺の工事が命ぜられ、その資材用の運搬路として整えられました。

筑波山の位置が江戸城から見て北東にあり、北東はいわゆる鬼門として忌まれていたことから、鬼門封じとして筑波山の中禅寺を祈願所として定めたそうです。

将軍の保護もあって中禅寺は栄えますが、明治時代にあり神仏分離政策によって中禅寺は廃寺となり、現在は筑波山神社となっています。

ちなみにここは筑波山事件として有名な天狗党の乱の舞台でもあるんですよ。

つくば道には時代を感じさせる建物が多く残り、往時の面影を色濃く残しています。

茨城県の『夜景100選』

出典元:http://dorapon10.hatenablog.com/entry/2016/09/12/160750

筑波スカイライン

茨城県の夜景穴場スポットの定番。それほど大規模で煌びやかな夜景というわけではないですが、広い視界と遥か遠くまで広がる街の灯に癒されると人気です。

展望スポットまでは結構なカーブが続くワインディングロード、特に夜間の運転には注意してください。

明るいうちは筑波山を眺めながらのドライブの楽しめますが、運転する方は残念ながら景色を堪能する余裕はないだろうと思われます。

展望スペースの駐車場は未舗装なので足元に注意。懐中電灯があると安心かもしれません。

茨城県の『日本の橋100選』

竜神大吊橋

出典元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%9C%E7%A5%9E%E5%B3%A1

竜神が棲むともいわれる竜神峡にある竜神ダムの上に架けられた日本最大級の吊り橋としてよく知られています。

長さは375m、ダム湖の湖面からの高さは最大で100mにも及び、高所恐怖症の方は足がすくんでしまう様な高さ。

壮大な景色を楽しむことができますが、スリルも満点といえるでしょう。

この高さを利用してよくバンジージャンプが行われる場所としても有名で、よくテレビ番組などにも登場しています。

季節ごとに鯉のぼりまつりや灯ろうまつりなど様々なイベントが行われているので、それを目当てに季節ごとに通うファンもいるそうです。

花貫川第一発電所第三号水路橋(めがね橋)

1918年、大正時代に作られた歴史的にも価値のある水路橋。1991年には、国の登録有形文化財となりました。

東京発電株式会社が所有し、建築から100年を経た現在でも水力発電用の送水に現役で使用されています。

この橋の2つのアーチがまるでめがねのように見えることから、別名めがね橋と呼ばれるように。

carteacher

ドライブ・グルメカテゴリの最新記事