夏休みの自由研究にぴったり!茨城の見学できる工場13ヵ所を紹介

夏休みの自由研究にぴったり!茨城の見学できる工場13ヵ所を紹介
     
   

こどもの夏休みと言えば宿題。宿題と言えば自由研究が、いつの時代も悩みの種ではないでしょうか? 今回は、そんな自由研究の題材にうってつけの、茨城の工場見学スポットをまとめてご紹介! 工場で作られている製品や見どころについて解説します。こどもの自由研究の題材に、そしてお出かけスポットとして、参考にしてみてください。

雪印メグミルク 阿見工場「ナチュラルチーズとプロセスチーズの違い」

茨城県南部に位置する雪印メグミルク阿見工場は、同社の全国に出荷するプロセスチーズの製造を一手に引き受けている巨大工場です。チーズだけでなくマーガリンなども含め、約200種類の製品を製造。工場見学はもちろん、VR(バーチャルリアリティ)を駆使したチーズ製造体験も可能で、ナチュラルチーズとプロセスチーズの違いなど、様々な学びがある工場となっています。もちろん乳製品の試食もできます。

住所 茨城県稲敷郡阿見町星の里22
アクセス方法 首都圏中央連絡自動車 阿見東ICより、霞ヶ浦方面へ約5分
料金 無料
休館日 土・日・祝・年末年始・その他臨時休館日
営業時間 10:00~、14:00~
公式URL http://www.meg-snow.com/fun/factory/ami.html

トモヱ乳業 牛乳博物館「牛と人と牛乳の歴史」

トモヱ乳業は茨城県で創業された地元企業です。牛乳専門のメーカーとして昭和31年にスタートし、今では全国でも戸婦クラスの牛乳工場として知られています。工場見学ツアーが開催されていて、生産工場と博物館をセットで見学できてしまいます。普段飲んでいる牛乳の製造過程が見れるほか、博物館では人と牛が育んできた乳にまつわる文化を、様々な展示品から学べます。ツアーの締めはもちろん、同社の牛乳の試飲です。

住所 茨城県古河市下辺見1955
アクセス方法 東北自動車道加須ICより、下辺見方面へ約30分
料金 無料(原則5名以上から案内)
休館日 日曜日(要問い合わせ)
営業時間 10:00~15:00(要予約)
公式URL http://www.tomoemilk.jp/tour/

キューピー 五霞工場「マヨネーズができるまで」

photo by キュービー公式サイト

キューピー 五霞工場は、関東から北海道圏内のキューピーマヨネーズの製造を一手に担う大工場。マヨネーズやドレッシングの製造を見学できる他、マヨネーズを使ったレシピを学べたり、ドレッシング・マヨネーズの試食もできたりします。見学ツアーのどこかにいる「隠れキューピー」にも注目です。

住所 茨城県猿島郡五霞町小手指1800
アクセス方法 東北自動車道 加須ICより目的地方面へ約20分
料金 無料
その他 完全予約制
公式URL https://www.kewpie.co.jp/know/openkitchen/goka_01.html#anc-access

明治なるほどファクトリー守谷「ヨーグルトと乳酸菌」

photo by 株式会社明治

こちらの工場には「食育ルーム」「乳しぼり体験コーナー」「乳酸菌と健康コーナー」「バーチャル工場見学」「シアタールーム」など様々な設備を備えています。それぞれ牛乳や乳製品、そしてヨーグルトのことを楽しく学べる工夫が満載。2016年夏にリニューアルオープンしたばかりのキレイな工場となっており、土曜日も楽しめる工場です。

住所 茨城県守谷市野木崎3456
アクセス方法 常磐自動車道 谷和原ICより、守谷方面へ約5分
料金 無料
休館日 日・祝祭日・年末年始・その他
営業時間 10:00~、13:30~、15:00~
公式URL https://www.meiji.co.jp/learned/factory/moriya/

ヤクルト本社 茨城工場「BF-1のすごい効果」

数あるヤクルト製品の中でも、ビフィズス菌を使用したBF-1をメインに製造しているのが、ヤクルト本社 茨城工場。工場見学ではヤクルトの乳製品の試食やBF-1などの製造工程を、わかり安い係員の説明とともに見学できます。

ドライブ・グルメカテゴリの最新記事