fbpx

ホンダ・シャトルは車中泊に最強のクルマだった!?その魅力に迫る!

ホンダ・シャトルは車中泊に最強のクルマだった!?その魅力に迫る!
     
   

ライバル、カローラフィールダーのエンジン性能、デザイン比較

photo by トヨタ自動車株式会社

先日の記事今こそ国産ステーションワゴンに乗ろう! シャトル&フィールダーの2車種を比べてみた内でも述べたように、国内メーカーが生産している1.5リットルエンジン搭載のステーションワゴンはホンダ・シャトルか、トヨタ・カローラフィールダーの2択です。そして、カローラフィールダーも車中泊の能力が極めて高いクルマといえます。元々がカローラの商用バンという性格のため、積載能力は十分。さらに最大の特徴として、4ドアセダンのアクシオと変わらぬ運転姿勢という点が挙げられます。ボディもシャトルよりスマートなので、若い方にとってはスポーティーなイメージがあり、通常のシーンでは使い勝手が非常によいといえるでしょう。

車中泊で使う場合においても、シャトルのようなフラットなフロアは望めませんが、最大2025mmもある荷室長によって、広さは十分。マットなどをうまく利用すれば、実用上問題ないレベルです。室内高がシャトルより低いために圧迫感があるのは否めませんが、寝てしまえばこれもクリアできそうです。

しかしながら、カローラフィールダーでの車中泊はちょっとした工夫が必要となり、総合的に見ると車中泊にふさわしいクルマならシャトルに軍配が上がります

次ページ シャトルが車中泊にふさわしい理由

ニュース・コラムカテゴリの最新記事