fbpx

新型N-BOXが大人気!9月度新車ランキングを深読み!

新型N-BOXが大人気!9月度新車ランキングを深読み!
     
   

N-BOXの大ヒットが伝えられる2017年9月度の自販連(日本自動車販売協会連合会)と軽自協(全国軽自動車協会連合会)発表の販売速報から、N-BOXを始め気になる新型車の販売成績や、不振が目立つ車種などをピックアップしてみました。ポイントは前年比です。N-BOXの大ヒットが伝えられる2017年9月度の自販連(日本自動車販売協会連合会)と軽自協(全国軽自動車協会連合会)発表の販売速報から、N-BOXを始め気になる新型車の販売成績や、不振が目立つ車種などをピックアップしてみました。ポイントは前年比です。

新型N-BOXが大人気!その秘訣に迫る

10月5日に自販連と軽自協から発表された速報値によると、2017年9月1日に発売された新型ホンダN-BOXは26,980台を記録し、全体トップの座に返り咲きました。さらに、累計受注台数は、10月4日現在で52,000台を超えるとされ、従来モデルを上回る好調さを維持しています。

9月度 通称名別新車販売ランキング表 当月台数(前年比)

順位 車名 メーカー 当月台数(台) 前年比(%)
1 N-BOX ホンダ 26,983 138.5
2 ノート 日産 15,469 278.5
3 デイズ 日産 15,153 138.1 
4 プリウス トヨタ 13,275 66.2
5 アクア トヨタ 12,896 83.2
6 ムーヴ ダイハツ 12,771 111.0
7 ワゴンR スズキ 11,920 186.9
8 タント ダイハツ 11,636 96.7
9 フリード ホンダ 10,808 311.8
10 スペーシア スズキ 9,573 114.0 

N-BOXの詳細が発表された時点では、機能が向上した安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」 を全車標準装備したことなどにより、事実上安価なエントリーモデルを排するラインアップに危惧する声がありました。

機能的にも上で、その他の装備の差もありますが、”スマアシⅢ”を装備するライバルのタントより約10万円高にもなります。プレミアム軽を目指すのでは?という所以です。

しかし、ふたを開ければそんな心配は不要でした。新車の発売直後ということでもありますが、上級グレードのカスタムが標準車を上回り、グレード別でも装備が充実した「L」グレードに受注が集中しているなど、ハイブリッド以外ののコンパクトカーを上回る150~160万円の車種が売れているのです。

これは2位以下に圧倒的な販売台数の差をつける王者ならではの戦略で、販売台数が拮抗していたら怖くてできない価格設定です。

次ページ トヨタ車が不振!?何が起きているのか

ニュース・コラムカテゴリの最新記事