fbpx

ホンダ車をベースにしたキャンピングカー!軽キャンからミニバンコンタイプをホワイトハウスキャンパーが積極的に展開中!

ホンダ車をベースにしたキャンピングカー!軽キャンからミニバンコンタイプをホワイトハウスキャンパーが積極的に展開中!
     
   

出典元:http://www.whitehouse.co.jp/camper/compact/kei/nvan/index.html#

N-BOXをベースにしたキャンピングカー、ホワイトハウス・N-BOXキャンパーNEO

出典元:http://www.whitehouse.co.jp/camper/compact/kei/neo/

軽自動車人気NO.1のホンダの軽スーパーハイトワゴンであるN-BOXをベースにしたおしゃれな軽キャンパー、N-BOXキャンパーNEOがホワイトハウスから登場しました。コンパクトな軽自動車のボディながら室内空間の広さに定評のあるN-BOXがどのように変身したのか、注目してみましょう。

N-BOXキャンパーNEOの特徴

2017年に登場した2代目となる新型N-BOXをベースにしたN-BOXキャンパーNEO。

190㎝の身長の男性2人が足を伸ばして伸び伸びと横になれるスペースを確保。N-BOXの室内の広さが十分に活かされています。

また、N-BOXの室内高は1,400㎜とかなり高く、大人の男性が座っても十分の余裕のあるヘッドクリアランスが魅力ですが、ポップアップルーフを開けるとさらに開放感のある空間になるところも魅力的ですね。

また、ポップアップルーフによって2Fにベッドルームが出現し、2名が就寝できるようになっています。

オプションですが運転席が180度回転するフロント回転シートも用意されています。室内で運転席を後ろに向けて対面式になるのは嬉しいですね。キャンプもより一層盛り上がりそうです。

N-BOXキャンパーNEOのベースモデルと価格

では、ここでN-BOXキャンパーNEOの各ベース車両別の価格を一覧にしてご紹介しておきましょう。

ベースグレード 駆動方式 HOTパッケージ POP POP HOTパッケージ
G 2WD 1,768,000円 1,998,000円 2,548,000円
G 4WD 1,889,000円 2,119,000円 2,669,000円
ホンダセンシング 2WD 1,833,000円 2,063,000円 2,613,000円
ホンダセンシング 4WD 1,954,000円 2,184,000円 2,734,000円
ターボ 2WD 2,120,000円 2,350,000円 2,900,000円
ターボ 4WD 2,240,000円 2,471,000円 3,021,000円

HOTパッケージにはポップアップルーフが装備されていませんが、エアヒーターやサブバッテリー、走行自動充電システムやDCソケット、室内照明、全窓プライバシーカーテンが装備されています。

逆にPOPはポップアップルーフのみ。POP HOTパッケージにはポップアップルーフに加えてHOTパッケージの装備がプラスされます。

N-VANをベースにしたキャンピングカー、ホワイトハウス・N-VANコンポ

出典元:http://www.whitehouse.co.jp/camper/compact/kei/nvan/index.html#

ホンダのNシリーズ第5弾となるN-VANは2018年に登場したばかりの商用車ベースの軽バンで、これまた人気のあるモデルです。ホワイトハウスの手にかかればこのN-VANもおしゃれなキャンピングカーに早変わり。

N-VANコンポの特徴

このN-VANコンポもやはりN-BOXキャンパーNEOと同じくポップアップ式のルーフを備えたものに。

もともとN-VANは助手席がフラットになる構造なので、より広い居住空間が出現。広々として軽とは思えないような極上の車中泊が可能になっています。もちろんポップアップルーフにもベッドを完備。

プライバシーカーテンも装備、さらにオプションでフロント回転シートはもちろん電子レンジやモニターもセットできるのでまるで自宅気分でくつろげる軽キャンパーになっています。

ホンダセンシング標準搭載

キャンピングカーであっても安全運転にはこだわりたい。そんなニーズを満たす為にN-VANコンポにはホンダ自慢の先進安全・運転支援パッケージのホンダセンシングが標準装備されました(Gグレードのみホンダセンシング非搭載)。

衝突軽減ブレーキや誤発進抑制機能(前後)、歩行者事故低減ステアリング、路外逸脱抑制機能やアダプティブ・クルーズ・コントロールなど、10もの先進機能を搭載し、キャンピング生活をより安全に楽しめるようになっています。

N-VANコンポのベースモデルと価格

N-VANコンポには通常モデルとキッチン、家具やベッドを装備したキャビンモデルがラインナップ。それぞれの価格をご紹介しておきましょう。HOTパッケージとPOP HOTパッケージの違いはN-BOXキャンパーNEOと同じです。

ベースグレード 駆動方式 HOTパッケージ キャビン
G 2WD 1,659,000円 2,509,000円
G 4WD 1,760,000円 2,610,000円
FUN 2WD 1,995,000円 2,845,000円
FUN 4WD 2,116,000円 2,966,000円
FUNターボ 2WD 2,095,000円 2,945,000円
FUNターボ 4WD 2,216,000円 3,066,000円
ベースグレード 駆動方式 POP POP HOTパッケージ キャビン
G 2WD 1,969,000円 2,519,000円 3,369,000円
G 4WD 2,070,000円 2,620,000円 3,470,000円
FUN 2WD 2,305,000円 2,855,000円 3,705,000円
FUN 4WD 2,426,000円 2,976,000円 3,826,000円
FUNターボ 2WD 2,405,000円 2,955,000円 3,805,000円
FUNターボ 4WD 2,526,000円 3,076,000円 3,926,000円

いずれもハイルーフ車のみとなっています。

フリード+をベースにしたキャンピングカー、ホワイトハウス・フリースタイル

出典元:http://www.whitehouse.co.jp/camper/compact/hybrid/freestyle/index2.php

フリードは2008年に初代が登場したホンダのコンパクトミニバン。現行モデルは2016年にフルモデルチェンジした2代目です。

フリード+はこの2016年のフルモデルチェンジによって新たに誕生した2列シートモデルで、フルフラット可能、床下収納スペースがあるなどもともと車中泊機能が強化されたモデルでもあります。

このフリード+をベースに作られたキャンピングカーがフリースタイルです。

フリースタイルの特徴

N-BOXなどの軽よりも広い室内空間はやはり魅力的。2列目シートを折りたたんでマットレスを敷くと1,880×1,260㎜の大人2人が十分就寝できるサイズのベッドが登場します。

ポップアップルーフも大人2人が就寝できるサイズ。ファミリーでも充分な余裕をもってキャンプが楽しめますね。

ホワイトハウス定番のフロント回転シート(ハイブリッド車には取り付け不可)や冷蔵庫などのオプションも充実しています。

ホンダアクセスと共同開発したドッグラバー

ホワイトハウスとホンダ車の純正パーツを扱うホンダアクセスのコラボから生まれたのが愛犬家の為の特別なフリースタイルのドッグラバー

愛犬の飛び出しを防ぐ飛び出し防止ネットやいつでも愛犬の飲み水を引き出せるダストボックス付きのビルトインウォーターサーバー、抜け毛の手入れがしやすい合皮製のフラットクッションマットなど、愛犬と快適に過ごす為の特別装備が満載です。

このドッグラバーは2017年に20台限定で販売されました。

ハイブリッド車も選択可能、フリースタイルのベースモデルと価格

フリード+をベースにしたフリースタイルでは、ハイブリッド車の選択も可能。HOTパッケージ、POP、POP WEEKENDERの差はN-BOXキャンパーNEOと同じで、POP WEEKENDERはPOP HOTパッケージに該当します。

ベースグレード 駆動方式 HOTパッケージ POP POP WEEKENDER
2WD 2,262,000円 2,420,000円 3,022,000円
4WD 2,570,000円 2,790,000円 3,330,000円
ハイブリッドB 2WD 2,610,000円 2,830,000円 3,370,000円
ハイブリッドG 4WD 2,936,000円 3,156,000円 3,696,000円

ステップワゴンをベースにしたキャンピングカー、ホワイトハウス・フリーデッキ

出典元:http://www.whitehouse.co.jp/camper/compact/compact/freedeck/

ミニバンの定番、ステップワゴンをベースにしたキャンピングカーもホワイトハウスは手掛けています。

フリーデッキの特徴

やはりミニバンならでは広い車内はここでご紹介した他のホンダ車のキャンピングカーの比ではありません。大人が横になってもまだ十分に余裕のある広さでかなり快適な車中泊が実現します。

全モデルに標準装備されるポップアップルーフは油圧ダンパーを採用し女性でも簡単に開閉が可能になっているのも嬉しいポイントでしょう。

オプションのフロント回転シートはこのフリーデッキでは運転席に加えて助手席も180度回転するようになっています。また100Wのソーラーシステムやルーフ内クーリングダクトも選択可能です。

ハイブリッド車のスパーダも選択可能、フリーデッキのベースモデルと価格

フリーデッキはハイブリッドモデルのスパーダも選択できます。

POPはポップアップルーフのみ、HOTパッケージの内容はポップアップルーフがつくこと以外他のモデルとの変更はありません。

さらにフロント回転シートやセカンドバタフライシート&フラットヘッド、サードシート怪異フラット・クッションがついたWEEKENDER、WEEKENDERの装備にギャレーや給排水タンク、電子レンジや冷蔵庫、コンロなどがついたかなり充実した内容のJOYが用意されています。

標準ルーフ

ベースグレード 駆動方式 HOTパッケージ WEEKENDER JOY
B 2WD 2,610,000円 3,120,000円 3,680,000円
B 4WD 2,800,000円 3,360,000円 3,920,000円
ハイブリッド スパーダB 2WD 3,395,000円 3,805,000円 4,365,000円

ポップアップルーフ

ベースグレード 駆動方式 POP HOTパッケージ WEEKENDER JOY
B 2WD 2,860,000円 3,360,000円 3,840,000円 4,400,000円
B 4WD 3,100,000円 3,600,000円 4,080,000円 4,640,000円
ハイブリッド スパーダB 2WD 3,645,000円 4,145,000円 4,525,000円 5,085,000円

キャンピングカーを実際に見られるイベントは?

出典元:https://www.photo-ac.com/

ジャパンキャンピングカーショー

日本国内最大級のキャンピングカーショーがこのジャパンキャンピングカーショーです。今年2019年は2月1日から3日間、幕張メッセにて開催されました。70社が出展(車両関係のみ、用品や観光施設などその他の出展を合わせると116社)、展示車両は約310台。

年々来場者数は増え続け、今年は3日間で67,848名もの来場者数を記録しています。

東京/大阪/東北など各地のキャンピングカーショー

この他にも北海道キャンピングカーフェスティバルや東北キャンピングカーショー、東京キャンピングカーショー、大阪キャンピングカーフェアなどをはじめとして名古屋や福岡、広島など各地でキャンピングカーショーは行われています

キャンピングカーに興味が湧いたら、是非お近くのキャンピングカーショーに出掛けてみてください。夢のあるいろいろなキャンピングカーが展示されていて、かなり楽しめること請け合いです!

 
 
関連記事:夏休みのキャンプに旅行に、一度は乗ってみたいキャンピングカー!軽キャンからバンコンまでキャンピングカーの種類やメンテナンスの基礎知識を紹介!

ニュース・コラムカテゴリの最新記事