発売から間もなく2年となるホンダ・NSX(NC1)のカスタム事情!新型NSX用のエアロやチューニングパーツをピックアップ!

発売から間もなく2年となるホンダ・NSX(NC1)のカスタム事情!新型NSX用のエアロやチューニングパーツをピックアップ!
     
   

超超ジュラルミンホイールの製造に成功したのは、世界でBBSだけ。2017年11月には、待望のNSX用サイズ(フロント19インチ×8.5J、リア20インチ×11.0J)が追加されました。

ARTA×WORKのNSX専用鍛造ホイール

出典元:https://response.jp

オートバックスセブンのモータースポーツプロジェクトのARTAと世界的アルミホイールメーカーのWORKがコラボレーションして商品化したのが、NSX(NC1)専用の鍛造ワンピースホイールAR-01です。2018年4月、世界20セット限定で発売されました。

SUPER GTマシンのホイールと同じアルミニウム合金であるA6061を用い、高強度、高剛性と軽量化を実現しました。美しいツイン6スポークデザインは、ハードなスポーツ走行時の負荷やトラクションに耐える設計です。

サイズはフロントが19インチ×8.5J 、リアが20インチ×11.0J 。センターには「ARTA×WORK」などのレーザー刻印も施されています。まさに、SUPER GTで培った高度なレーシング技術を結集させたアルミホイールです。

Fi Exhaustマフラー

出典元:http://fi-exhaust-japan.com

ランボルギーニやフェラーリ、マクラーレンポルシェなど欧州のスーパースポーツを中心とした、高級車のエキゾーストシステムを開発するFi Exhaust。ハイパフォーマンスエンジンの性能を最大限に引き出す品質を備えています。

さらに、最先端の可変バルブトロニックシステム、内臓のインテリジェントコントローラーも備え、官能的なマフラー音を実現しています。

初のマイナーチェンジ

新色も追加

出典元:https://clicccar.com

NSX(NC1)は2018年10月、初のマイナーチェンジを施されました。北米から日本に開発拠点が移った2019年モデルは、ボディ新色にサーマルオレンジ・パールを追加。スーパースポーツらしい華やかさを演出しています。

サーマルオレンジ・パールは、カーボンブレーキローターキャリパー塗装にもオプションで追加。エクステリアは、フロントグリルが従来のシルバーからボディ同色に変更され、NSXが持つワイド&ローのイメージを強調しています。

走りの面ではフロントスタビライザーを26%、リアスタビライザーを19%、リアコントロールアームブッシュを21%、リアハブは6%剛性を向上。SH-AWDの駆動配分の制御も緻密さを増し、低中速域のハンドリングと高速の安定性が進化しました。

カスタム&パーツカテゴリの最新記事