【茨城の味覚を堪能】あのバチェラー・ジャパンで失恋した美女、もりもりこと森田紗英とグルメツアー【前編】

【茨城の味覚を堪能】あのバチェラー・ジャパンで失恋した美女、もりもりこと森田紗英とグルメツアー【前編】
     
   
[PR by Ibarakiken Honda cars]
【登場人物】
牧野(27)/イキクル編集担当ディレクター、独身。いつも上司の林Pの無茶ぶりの犠牲となっている。自分のクルマを購入することが現在の目標。
 
林(45)/プロデューサー、牧野の上司。部下に無茶振りした時の反応を観察するのが大好きなS気質。最近、ホンダのフリードを購入したので、週末は家族でお出かけするのが楽しみ。

こんにちは、イキクル編集部の牧野です。本日は正装で失礼いたします。

なぜこのような恰好をしているかと言いますと、今日これからとある女性と茨城県内をデートする予定だからです。

とは言っても、これまでのように僕がほれ込んだ女性というわけではありません。どうしても僕とデートがしたいようなのです。これっぽっち全然興味がわかないのですが、女性とデートということで礼儀として一応正装を着込んでいます。

では、なぜ僕が貴重な時間を割いてデートすることになったのか、前置きが長くなりますが、ここに至るまでの経緯を振り返ってご説明させていただきましょう。

牧野、モテ期到来!?

それはいつものように会社内で仕事に追われていた時のことでした。

林P
牧野君、かわいい女の子とデートする気はないかい?
牧野
またいつもの流れですか? どうせ最後にはフラれて終わるんですよね……。
林P
いやいや、今回は違うよ! 実は女の子の方が牧野君に気があるみたいなんだ!!
牧野
うーん、今までのことがあるからイマイチ信用できない。
林P
そう言わずに会ってみるだけでもどう? そうだ、今度茨城をグルメ小旅行するって話してたよね? 一緒に行ったらどうだい?
牧野
確かに、今度の休日に茨城でグルメツアーをしようと考えていましたけど、それはあくまで僕1人で行こうと思っていたことで
林P
まあまあ、着いていくだけなら問題ないでしょ?

と、強引に押し切られた末、現在に至ります。

今回の旅行の出発地点は茨城県守谷市。「ホンダカーズ茨城西 守谷絹の台店」にお邪魔し、県内を移動するためのクルマを借りることにしました。

ホンダカーズ茨城西 守谷絹の台店

お借りしたクルマは新型N-BOX custom。先日フルモデルチェンジしたばかりのベストセラー軽自動車です。

メタリックブルーがかっこいい新型N-BOXcustom

ホンダカーズのスタッフに説明を受ける牧野。
牧野
それにしても今日は誰が来るんだろう。待ち合わせにここを指定したけど、本当に来るのかなぁ?
???
お待たせしました~!

現れたのはAmazonプライムTVで好評を博した「バチェラー・ジャパン」を始め、さまざまな方面で活躍するモデルの森田紗英さん。

森田
今日は私のワガママにお付き合いいただいてありがとうございます。お邪魔でしたよね……?
牧野
いや、全然。大丈夫ですよ。

とても美人ですが、まったく気がない牧野。態度もどことなく素っ気ない感じです。

牧野
ところで、今日これから茨城のおいしいものを食べに行こうと思ってるんですが、何かオススメのお店とかご存知ないですか?
スタッフ「それでしたらここから近くにおいしい洋菓子店があるんです」
牧野
へぇ、ケーキ。いいね! それじゃあ最初はそこに行ってみようかな!

そう言ってクルマに乗り込む牧野。どうやら1軒目は守谷市のスイーツのおいしいお店に行くようです。

牧野
それじゃあ、出発しましょうか。
森田
はい! よろしくお願いします!! 助手席失礼します。

牧野
え? 待った待った。何勝手に乗り込んでるの?
森田
えっ?
牧野
助手席はさやかちゃんの場所だからさ。
森田
さやかちゃん……?

そう、さやかちゃんとは牧野が愛する2次元の女の子のこと。本来、今日のドライブは彼女と二人きりのドライブデートだったのです。

スポーツ・エンタメカテゴリの最新記事