アルファロメオ初のSUVステルヴィオのカタログモデル発売!ファーストエディションとの装備の違い、クアドリフォリオの追加はいつ?

アルファロメオ初のSUVステルヴィオのカタログモデル発売!ファーストエディションとの装備の違い、クアドリフォリオの追加はいつ?
     
   

出典元:https://www.alfaromeo-jp.com/models/stelvio/stelvio-luxury/

アルファロメオ・ステルヴィオの特徴は?

出典元:https://www.alfaromeo-jp.com/models/stelvio/

ジュリアと共通プラットフォームのミッドサイズSUV

アルファロメオ初となるこのステルヴィオが初公開されたのは、2016年ロサンゼルスオートショー。

アルファモデルの新世代モデル第2弾となります。 現在日本にとどまらず世界中の車市場で SUVが主流になりつつありますか、アルファロメオもその流れを汲んだ形になりますね。

このステルヴィオにはアルファロメオの誇る4ドアセダン、ジュリアの最新鋭アーキテクチャーが採用されています。ジュリアは2016年にニュルブルクリンク北コースで当時の4ドアセダン世界最速のタイムを叩き出したアルファロメオのフラッグシップモデル。 2017年には日本にも登場しましたね。

ジュリアのアーキテクチャーを使用したSUVともなれば否応なく期待も高まります。 2018年の4月には日本導入第一弾として、ステルヴィオ・ファーストエディションが限定400台で発売されました。

今回は満を持してのカタログモデルの登場となりますが、果たしてどのように仕上がっているのでしょうか。

【30,000円プレゼント!】アルファロメオもその他のメーカーも!新車購入するなら!イキクルが最大値引きディーラーご紹介!

2リッター直4ターボエンジンとアルファロメオQ4システム採用

今回導入されるカタログモデルには、ファーストエディションに使用されていたものと同じ2.0L直4気筒ツインスクロールターボエンジンが搭載されています。このエンジンは最高出力280ps、最大トルク400Nmを発揮。

駆動システムにはアルファロメオの誇る4WDシステム「アルファロメオQ4」を採用しています。この4WDシステムは可変トルク配分機構を備えたオンデマンド式4輪駆動システムで、レスポンスと安定性に優たもの。

組み合わされるトランスミッションは全グレートで8速ATです。

ボディ軽量化と50:50の前後重量配分による走行性能の高さ

出典元:https://www.alfaromeo-jp.com/models/stelvio/stelvio-luxury/

ステルヴィオに採用された「ジョルジオ」 プラットフォームは、 アルファロメオが「至宝」とまで呼ぶ存在。高剛性、軽量化を実現し車両重量は1,810㎏と、クラス最軽量となっています。

50:50の理想的な前後重量配分を具現化し、走行性能を高めています。

先進安全装備や運転支援システムも標準

高級車らしく安全装備、運転支援システムも充実。

歩行者検知機能の付いた自動緊急ブレーキ(FCW / AEB)、レーンデパーチャーウォーニング( 車線逸脱警報機能)、ブラインドスポットモニター、 後方の歩行者や車両を検知して危険を知らせるリアクロスパスリスペクション、 電子式統合ブレーキシステムのインテグレーテッドブレーキシステムなどを全グレードに標準装備

新車情報カテゴリの最新記事