トヨタ・ハリアーがビッグマイナーチェンジ!より上質に進化したアップデート内容を解説

トヨタ・ハリアーがビッグマイナーチェンジ!より上質に進化したアップデート内容を解説
     
   

2013年12月に現行型が販売されてから約3年半。トヨタのクロスオーバーSUV「ハリアー」が、2017年6月8日に満を持してマイナーチェンジしました。今回のマイナーチェンジでどのような変更があったのか、どれくらいのアップデートしたのかをハリアーの歴史も紹介しながら解説します。

歴代ハリアーを解説

初代ハリアー(1997年-2003年)

photo by Two hundred percent. (CC 表示-継承 3.0)

初代ハリアーは1997年に販売開始します。その開発コンセプトは「高級セダンの乗り心地や快適な空間を兼ね備えたSUV」トヨタは、この高級SUVというジャンルの先駆者となり、後に世界各国のメーカーがラグジュアリーを兼ね備えたSUVモデルを次々とラインナップしていきます。

2代目ハリアー(2003年-2013年)

photo by Mytho88(CC 表示-継承 3.0)

2003年2月、ハリアーはフルモデルチェンジを果たし、2代目が発売されます。現行モデルが登場するまでの約10年間、数度のマイナーチェンジを繰り返しつつのロングセラー車種となり、高級SUVの貫禄を見せ付けました。

2005年からハイブリッド使用の販売もスタートしたモデルであり、国内はもとより海外での販売が飛躍的に伸びたハリアーでした。

3代目ハリアー(2013年 – )

photo by トヨタ自動車株式会社
現行の3代目は2013年12月に販売を開始します。

この現行型は、高級SUVとしての乗り心地、走行性能さらに燃費を向上させながら、パワートレーンをダウンサイジングするという基本コンセプトを掲げて設計されています。

外観は、ハリアーの伝統である水平貴重を保ちつつ、リアを大きく張り出すことで押しの強い重厚感を出しています。またヘッドライトも全車標準装備でLEDになっております。

そして、パワートレーンは、先代のガソリン車2400CCとハイブリッド3300CC+モーターに対して、2000CCのガソリン仕様車、2500CCのハイブリッド仕様車と、それぞれダウンサイジングしております。

新車情報カテゴリの最新記事