新型ホンダ・CR-Vの国内販売を2年ぶりに復活!歴代モデルとのサイズや競合ミドルクラスSUVとの燃費・価格を徹底比較!

新型ホンダ・CR-Vの国内販売を2年ぶりに復活!歴代モデルとのサイズや競合ミドルクラスSUVとの燃費・価格を徹底比較!
     
   

出典元:http://hondanews.com/

新型5代目CR-Vの特徴は?

1.5リッターターボと2リッターハイブリッド(初採用となるSPORT HYBRID i-MMDとリアルタイム式4WDの組み合わせ)

国内販売を終了し、海外専用車となったホンダ・CR-V。コンパクトSUVの草分け的な存在のCR-Vの撤退に時代の流れを実感したファンも少なくなかったことでしょう。

それから約2年、遂にCR-Vが復活します。

新型CR-Vは、2つのパワートレーンをラインナップ。

まず一つは、1.5リッター4気筒直噴ターボエンジン。

そしてもう一つ注目なのが、デュアルポンプ式を採用したホンダ独自開発のリアルタイム4WDと2リッターのSPORT HYBRID i-MMDを組み合わせたハイブリッドタイプ。

この組み合わせは今回発表された新型CR-Vが初。否が応でも期待が高まりますね。

i-MMDには3つの走行モードがあり、モーターのみで駆動するEV走行モード、エンジンで発電し、その電力でモーターを動かすハイブリッドモード。

加えて、エンジンドライブモードがあります。

i-MMDの特徴としてEV走行モードの駆動時間が長いことが挙げられますが、電動駆動の長所でもある反応の良さをリアルタイム4WDと組み合わせることでどう活かされてくるか。

非常に気になるところです。

安全運転支援システムHonda SENSINGの採用

出典元:http://hondanews.com/

今や必須となった感もある安全機能、運転支援機能ですが、CR-Vももちろんこの流れに乗って多彩な安全機能を誇るHonda SENSINGを装備。

単眼カメラとミリ波レーダーを使用し、高いレベルでドライバーをサポートしてくれます。

歩行者などを察知して緊急時は段階的にブレーキをかける衝突軽減ブレーキや誤ったペダル操作などで起こりやすい誤発進抑制機能。

路側帯の歩行者を守る為にステアリング操作を行って安全を確保する歩行者事故低減ステアリングや適正な車間距離を保持するACCなど、様々な性能を駆使してサポートを行います。

ミドルクラスのボディサイズ、3列シート車も用意

2016年の日本仕様モデルよりもわずかに全長と全幅が拡大しており、従来型ミドルクラスSUVサイズに近いといえるでしょう。

ホンダの主力SUVのヴェゼルよりも印象としては一回り程度大きな感じです。

ライバル社の動向を意識してか、CR-Vとしては初めての3列シートが設定されるとも。

ミニバンユーザーの乗り換えを狙っているのか、一定の需要を見込んでの設定だそうです。

歴代CR-Vのサイズとエンジンラインナップは?

出典元:https://www.honda.mx/autos/crv/

初代CR-V(RD1/2)

初代の登場は1995年、クリエイティブ・ムーバーの第2弾として市場に登場しました。

クリエイティブ・ムーバーとは、RVシリーズにホンダが独自性を持たせるために用いた名称で、生活創造車という意味を持っています。

第1弾として発表されたのはオデッセイでしたが、実際にこのクリエイティブ・ムーバーの名称が使用されたのは初代CR-Vでした。

そのコンセプトを反映してか、居住性・日常での実用性に優れたモデルとなっています。

ボディサイズは全長4,385~4,490㎜×全幅1,750mm×全高1,675~1,710㎜。

エンジンは2リッター 直4 DOHCのみの設定でした。

2代目CR-V(RD4/5/7)

2001年にフルモデルが行なわれ、2代目が登場。

新車情報カテゴリの最新記事