fbpx

【燃費向上!?】ホンダ・シャトルが待望のマイナーチェンジ!新型の魅力について徹底解説

【燃費向上!?】ホンダ・シャトルが待望のマイナーチェンジ!新型の魅力について徹底解説
     
   

手頃な価格と高いユーティリティで再び注目を浴びつつある、1.5リッタークラスのステーションワゴン。この人気を牽引しているのが、ホンダ・シャトルです。そんなシャトルですが、本日マイナーチェンジが発表され、明日から新型シャトルが発売されます。新型シャトルはどんなクルマになるのでしょうか? ここではシャトルのあゆみを振り返るとともに、マイナーチェンジの内容について解説。新型の魅力に迫っていきます。

ホンダ・シャトルの源流となったクルマとは?

photo by Charles01(CC 表示-継承 3.0)

ここではまず、シャトルのあゆみから見ていくことにしましょう。 このクルマのルーツをたどっていくと、「シビックシャトル」というクルマに行き着きます。シビックシャトルは1983年にモデルチェンジが行われた3代目シビックのラインナップのうちの一台で「FFニューコンセプトセダン」という触れ込みで登場しました。 使い勝手に優れたシートアレンジメントやルーミーな室内、空調機構の工夫などホンダらしい独創的なクルマに仕上がっていたのが特徴です。 1987年に行われたモデルチェンジでは、キープコンセプトながら徹底したフラッシュサーフェス化が行われ、より個性が引き立つスタイルとなりました。そしてその後のRVブームにより、その人気に拍車がかかったのです。

次ページ 21世紀によみがえった「シャトル」

新車情報カテゴリの最新記事