6億円超えのスーパーカー、ブガッティ・ディーヴォ発表!1500馬力のシロンをベースにした限定40台のスペシャルモデル、最高速は380㎞/h!

6億円超えのスーパーカー、ブガッティ・ディーヴォ発表!1500馬力のシロンをベースにした限定40台のスペシャルモデル、最高速は380㎞/h!
     
   

出典元:https://www.bugatti.com/media/news/2018/world-premiere-for-the-divo-bugatti/

ブガッティ・ディーヴォはどんな車?ベースになったシロンとはどこが違う?

出典元:https://www.bugatti.com/media/news/2018/world-premiere-for-the-divo-bugatti/

エアロパッケージの軽量化、ダウンフォースはシロンより90㎏増加

2018年8月24日、そのベールを脱いだブガッティ・ディーヴォ。発表前から様々な噂が絶えない存在でしたが、米・カリフォルニアで行われたイベント、「ザ・クエイル:モータースポーツ・ギャザリング」でついに正式発表されました。

徹底的に空力性能を追求し、ベースとなったシロンのシャシーセッティングに手を入れました。エアロパッケージは全体でシロンよりも35㎏の軽量化に成功。

35㎏と聞くとそれほど軽量化していないのでは……というイメージを抱く方もいらっしゃるかもしれません。確かに一般的なメーカーが新型などを発表する際に「軽量化」として出している数値には100㎏を超えるものも珍しくない時代になっています。

ですがシロンはスーパーカーの中のスーパーカーメーカー、ブガッティの車です。もともとかなりシビアな設計となっているので、その上ディーヴォの35㎏の軽量化はかなり大変だったであろうと思います。

フロントスポイラーは幅広になり、可動式の新開発リアウイングもシロンと比較して23%面積拡大されました。

ディーヴォは車両全体で456㎏にも及ぶダウンフォースを実現、これはシロンより90㎏も増加した数値になります。

W16気筒4ターボエンジンは1500馬力

エンジンはもちろんブガッティの誇る8.0LW16気筒クワトロターボエンジン。ちょっと他では聞いたことのないようなブガッティ伝統のエンジンを使用しています。

このエンジンはなんと1500psという桁違いの馬力の持ち主。この数値はシロンと同じです。

馬力以外の数値はブガッティのプレスリリースでは触れられていませんが、シロンと同じスペックだとするとトルクは1,600Nmを叩き出します。

ハンドリング性能を重視して最高速度は380㎞/h

出典元:https://www.bugatti.com/media/news/2018/world-premiere-for-the-divo-bugatti/

ディーヴォはコーナリングに焦点を当てて開発されました。ブガッティのCEOが「コーナーを走り抜けるために作られたモデル」と語っており、ワインディングロードにおいての敏捷性や軽快さ、そしてコーナーに最適化したハンドリング性能に特化しています。

そのためシロンでは最高速度420㎞/h(理論上は480㎞/hが可能ともいわれています!)ですが、ディーヴォでは最高速度は380km/hに制限されています。とはいえ、これでも充分他メーカーのスーパーカーと呼ばれるものよりも早いのも事実。

また驚くことに、ディーヴォのコーナリング時の加速はなんと1.6Gにも到達するとのこと。日産のGT-R ニスモなどのスポーツカーがおよそ1~1.05Gだということですから、かなり強烈なGがかかっていることが窺えますね。

40台限定、500万ユーロながらすでに完売

ブガッティは高額なことでも知られていますが、その値段はもはや車なのかと疑うほどのレベルになっています。

今回発表されたディーヴォに至ってはシロンの価格のおよそ倍となる500万ユーロでの販売。日本円にして約6億4540万円です

40台という限定数ですが、即完売したとのこと。どんな方が所有するのか、非常に興味がありますね。

ブガッティとはどんなメーカー?現行モデルのシロンや歴代の代表モデルは?

出典元:https://www.bugatti.com/chiron/

1909年に創設、ブガッティ・タイプ35などレーシングカースポーツカーを生産

超高級スーパースポーツカーメーカーとして他とは一線を画しているブガッティですが、その歴史は1909年、イタリア出身のエットーレ・ブガッティが自動会社を設立したことから始まります。

エットーレ・ブガッティが自ら優れたスポーツカーやエンジンを設計し、モナコグランプリにおいては第一回から3年連続優勝など数々のレースで好成績を残し、その存在感を増すようになっていました。

新車情報カテゴリの最新記事