マイナーチェンジで走りと安全性能が進化した新型ホンダ・フィットRS!国産コンパクトホットハッチとサイズや燃費、価格を徹底比較!

マイナーチェンジで走りと安全性能が進化した新型ホンダ・フィットRS!国産コンパクトホットハッチとサイズや燃費、価格を徹底比較!
     
   

出典:http://autoc-one.jp/honda/fit/newmodel-3392438/

フィットRS(GK5)の特徴とは?ノーマルの13Gや15XL、ハイブリッドとどこが違う?

2017年6月にマイナーチェンジされたフィットRSには、どんな特徴があるのでしょうか?

進化したフィットを詳しく掘り下げてみましょう。

フィットRSの外装

出典:https://gaisya-suteki.com/honda-fit-maina-change-kakaku-9250

フィットRSのデザインは、全体的に丸みを帯びています。

一方でフロントグリルとLEDヘッドライトが一体化され、どこか堂々とした印象を与えています。

16インチアルミホイールはフィットRS、ハイブリッドSにのみ装着されており、とてもスポーティーなイメージが強いです。

フィットRSの内装

出典:https://xn--dck4cp3c7990a2zj17upf1e.net/?p=43

フィットRSでは、オレンジのラインが入った専用の内装になります。

スポーツシート、スポーツペダル、MT専用の本革シフトノブなどスポーティーさを演出する個性的なデザインがなされています。

室内は、コンパクトカーでありつつも余裕があり、特に頭上はかなりゆったりとしています。

また、後部座席をフラットに倒すことができるので、大きな荷物もしっかりと積むことが出来、非常に実用的です。

MTの設定

フィットRSはトランスミッションがCVT、6速MTの2種類用意されています。

MTはCVTに比べて燃費はやや劣りますが、実用車として運転しながらより楽しさを味わうことが出来るので、MTが搭載されているのは非常に魅力的です。

マイナーチェンジでホンダセンシング搭載

今回のマイナーチェンジで最も注目された点はホンダセンシングが搭載されたことではないでしょうか。

単眼カメラやミリ波レーダーが自動車、歩行者、車線などを検知し、8つの先進安全機能が採用されています。

どれだけ運転に自信があっても、追突などの事故に巻き込まれる可能性はあります。

事故を予防出来るホンダセンシングによって、安心して運転することが出来るのでファミリーカーとして大いに役立つ機能です。

13G・Fなどのグレードの低いモデルには搭載されていないので、搭載されているモデルをオススメします。

フィットRS(GK5)とライバル国産コンパクトホットハッチのサイズ・燃費・価格を徹底比較!

出典:https://motor-fan.jp/article/10000537

購入を考える際に必ずと言っていいほど比較対象となる車種がいくつかあります。

まずはフィットRSのサイズ、燃費、価格などの基本情報を見てみましょう。

  フィットRS(CVT) フィットRS(MT)
全長 4045mm 4045mm
全幅 1695mm 1695mm
全高 1525mm 1525mm
ホイールべース 2530mm 2530mm
燃費 21km/L 19.2km/L
最大出力 97kW[132PS] 97kW[132PS]
最大トルク 155N・m[15.8kg・m] 155N・m[15.8kg・m]
価格 2,050,920円〜 2,050,920円〜

フィットRSはCVTとMTに2種類に分かれていますが、違いは燃費のみで、サイズ、価格などに違いはありませんでした。

新車情報カテゴリの最新記事