メルセデスAMGの新型CLSクラスとEクラスに53モデルが登場!直列6気筒ターボ+モーター+電動スーパーチャージャー搭載!

メルセデスAMGの新型CLSクラスとEクラスに53モデルが登場!直列6気筒ターボ+モーター+電動スーパーチャージャー搭載!
     
   

出典元:https://www.mercedes-amg.com/en/press-information/mercedes-amg-53-series-models.html#

メルセデスAMG・CLS53/E53 4マチック+が搭載するマイルドハイブリッドシステムの特徴は?

メルセデスベンツが究極の走行性能を突き詰めたハイパフォーマンスブランド、AMGからついにマイルドハイブリッドシステムを搭載したモデルが登場しました。これは50年以上の伝統を誇るAMGの歴史の中でも初めてのことです。

後に振り返った時に、この画期的な53シリーズはAMGの転換点といえる存在になっていることでしょう。

新開発の直列6気筒大型ターボエンジン

出典元:https://www.mercedes-amg.com/en/vehicles/e-class/coupe/e53.html

今回発表された53シリーズは、CLSクラスのCLS53 4マチック+とEクラスをベースにしたE53 4マチック+の2種類です。

使用されたエンジンはマイルドハイブリットに最適化するよう新開発されたパワーユニット「M256」型の30.Lの直6気筒ターボエンジン。最高出力435ps、最高トルクは520Nmをマークします。

ISG+48V電気システム+電動スーパーチャージャー搭載

組み合わされるハイブリッドシステムはメルセデス自慢のスターターとオルタネーターを兼ねるISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)に48Vの電気システムを組み合わせました。状況に応じて自動でエンジンを切り替え、燃費性能や環境性能に貢献します。モーターの最大出力は21.8ps、最高トルクは250Nm。

またターボが作動しづらい回転域をサポートするのが電動スーパーチャージャーです。煩わしいターボラグの解消を図り、回転域によるエンジンレスポンスの差を解消しました。

新開発のAMG4マチック

近年車業界ではエンジンのハイスペック化に対応するため、4輪駆動が多くなっている傾向がありますが、AMGもその例にもれずここ最近は4マチック(AMGの4輪駆動システム)が増えています。

今回の53シリーズも類にもれず新開発のAMG 4マチック+が搭載されました。このシステムは前輪と後輪のトルク費を0:50から0:100の範囲まで可変してトルク配分を行うので、ハイスペックなエンジンが生み出すパワーを最適な割合で4輪に配分します。

抜群の安定感、そして思い描いたままの走りが実現できるようになりました。

従来のAMG43シリーズと63シリーズの中間の位置づけ

53シリーズは、AMGシリーズのエントリーモデル的な位置付けにあるAMG43シリーズと、よりハイスペックなモデルである63シリーズの中間グレードという位置づけになりました。

マイルドハイブリッドシステムを搭載した全く違うラインとして扱わず、同じラインナップの中に入れてしまうのがAMGらしいですね。それだけ今回のAMGの仕上がりに自信があるという表れなのではないでしょうか。

新型CLSクラス、Eクラスクーペ/カブリオレとしては初のAMGモデル

新型CLSクラスは2018年の6月に登場したばかり。実に7年振りのフルモデルチェンジでした。また新型のEクラスは日本には昨年2017年に登場し、新たなメルセデスベンツの根幹モデルとして君臨しています。

今回発売となったCLS53 4マチック+とE53 4マチック+は新型となったCLSクラスとEクラスのクーペ、カブリオレとしては初のAMGモデルです。

AMGがラインナップされたことで、また新たな選択肢が増えましたね。走りにこだわる方はAMGがラインナップに加わるのを待ち望んでいたのではないでしょうか。

AMG・CLS/E53 4マチック+とE43 4マチック、E63 4マチック+のスペックを比較!

出典元:https://www.mercedes-amg.com/de/fahrzeuge/cls/coupe/cls53.html

メルセデスAMG・E43 4マチック

2017年の新型Eクラスの登場前にすでに発売されていたのがこのメルセデスAMG・E43 4マチックです。この中で一番古いモデルとなりますね。

この当時から4マチックが搭載されています。3.0LV6ツインターボエンジンを搭載し、トランスミッションには9Gトロニックが組み合わされました。

AMGではおなじみのV8エンジンを搭載していないこと、AMGではなくメルセデスの生産ラインでアッセンブリーされることから「AMG風味のメルセデス」などといわれることもあったようですが、手軽な値段でベースモデルにはない走りが楽しめるコストパフォーマンスの良いモデルだともいえるでしょう。

メルセデスAMG・E63 4マチック+

このモデルには生粋のAMGファンも納得の4.0LV8ツインターボエンジンを搭載しました。新しくなった4マチック+システムを搭載し、やっぱりAMGはこうでないと、とファンを納得させる仕上がりになっています。

メルセデスAMG・E63S 4マチック+

メルセデスAMG・E63 4マチック+のさらに上を行くのがこのメルセデスAMG・E63S 4マチック+です。

このモデルはなんとAMG GT R以上のパワーを持つモンスターモデル。馬力に至ってはあのポルシェの911を超えています。0-100km/h加速は0-100km/h加速は3.4秒。ポルシェ911のライバルとしてふさわしい数値ですね。

  最高出力(kW[PS]/rpm) 最高トルク(N・m[kgf・m]/rpm)
メルセデスAMG・CLS53 4マチック+ 320[435]/6,100 520[53.0]/1,800-5,800
メルセデスAMG・E53 4マチック+ 320[435]/6,100 520[53.0]/1,800-5,800
メルセデスAMG・E43 4マチック 295[401]/6,100 520[53.0]2,500-5,000
メルセデスAMG・E63 4マチック+ 420[571]/5,750-6,500 750[76.5]/2,250-5,000
メルセデスAMG・E63S 4マチック+ 450[612]/5,750-6,500 850[86.7]-2,500-4,500

E63シリーズはさすがの数値となっていますね。この表を見ると、まさに53シリーズは中間グレードというのが頷けます。

メルセデスAMG・CLS53/E53 4マチック+の各モデルの装備や外装の違いは?

出典元:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/cls/cls-coupe/facts-and-lines/equipment-lines.module.html

異なるフロントグリル

53シリーズでは、車の顔となるフロントグリルがモデルによって異なっています。E53 4マチック+のセダン、ステーションワゴンはダイヤモンドグリルで精悍なイメージに、E53 4マチック+のクーペとカブリオレ、CLS53 4マチック+にはツインブレードが印象的なシルバークロームのグリルが採用されました。

この他に異なっている点はアルミホイールのデザインとカラーです。どれも20インチの5ツインスポークになりますが、CLS 4マチック+のみハイグロスブラックとなります。

さらにCLS53 4マチック+にはサイドエアカーテン、ウルトラハイビームが搭載されました。

共通するエアインテークにはシルバークロームの水平フィン、フロントスポイラーにシルバークロームのフロントスプリッターが装備されAMGモデルであることを印象づけます。

リアも存在感抜群。後姿を引き締めるボディと同色のトランクリッドスポイラーやAMG専用デザインのリアディフューザー、迫力を感じさせる大型のデュアルエグゾーストエンドなど、タフな印象を感じさせるものに仕上がっています。

内装の違い

内装にはそれほど大きな違いはありません。ナッパレザーシートやカーボンインテリアトリム、最新世代のAMGパフォーマンスステアリングホイールなどが装備されています。

12.3インチのワイドディスプレイを使用したメーター類は視認性が抜群なのはもちろんのこと、エンジンオイルの温度や過給圧、エンジン出力やトルクなども表示されます。AMGならではの専用メニューですね。

スポーティさを存分に感じさせながらも高級感を失わないスタイリングはさすがの一言です。

AMG GT4ドアクーペをはじめ今後53シリーズが続々登場

出典元:https://www.mercedes-amg.com/en/vehicles/e-class/coupe/e53.html

CLSクラスをベースモデルとするAMG GT4ドアクーペを筆頭に、今後も53シリーズは続々と登場する予定となっています。

マイルドハイブリッドとなった53モデルはこれからの時代にあったモデルとして、より多くの方に支持されるようになるのではないでしょうか。

新車情報カテゴリの最新記事