大人気ミニバン、ホンダ・オデッセイはこれからどうなる?マイナーチェンジ詳細を徹底解説!

大人気ミニバン、ホンダ・オデッセイはこれからどうなる?マイナーチェンジ詳細を徹底解説!

2017年11月、ホンダの大人気ミニバンであるオデッセイがマイナーチェンジをするという情報がホンダの先行情報サイトにて発表されました。いよいよマイナーチェンジ目前に迫った今、改めて先行情報サイトの情報や予想をもとに、新しいオデッセイの魅力や変更点をお届けしようと思います。新しい、オデッセイは何が変わるのでしょうか。これまでのオデッセイのおさらいをするとともに、これからのオデッセイを詳しく見ていきましょう。

ホンダ・オデッセイってどんなクルマ?初代から歴史を解説!

ホンダの人気車種、オデッセイはいったいどのように生まれ、そしてどのように進化してきたのでしょうか。これで5代目になる現行型オデッセイですが、その代々の歴史を改めておさらいしていきましょう。

初代オデッセイ(RA1~5型)1994~1999年

初代のオデッセイは1994年10月、5ドアミニバンとして誕生しました。全長4,750mm、全幅1,770mm、全高1,645mm、FF、4WDの設定があり、メインとなるエンジンは2.2L直4エンジンでした。ミニバンにおいては珍しい、セダンベースになっていることによる運動性能の高さで人気を博しました。1994年には日本カー・オブ・ザ・イヤーも受賞しています。

2代目オデッセイ(RA6~9型)1999~2003年

2代目オデッセイでは全長4,770mm、全幅1,795mm、全高1,630mmと少し大きくなり、メインのエンジンも直4の2.3LとV6の3.0Lの二本立てになりました。先代の大ヒットもあり、コンセプト自体は継承しながらも、よりスポーティーさを増した車となりました。

3代目オデッセイ(RB1~2型)2003~2008年

3代目においては全長4,675mm、全幅1,800mm、全高1,550mmと幅は大きくなったものの新開発の低床プラットフォームになったことで機械式立体駐車場にも入るサイズとなりました。エンジンはV6が廃止され、直4の2.4Lエンジンとなりました。また、上級グレードにおいては電動式リアテールゲートや電動格納3列目シートが装備として設定されたのも特徴です。ミニバンの中でもスポーティさに振り切った性能やデザインで若年層からも人気を博しました。

4代目オデッセイ(RB3~4型)2008~2013年

4代目では全長4,800mm、全幅1,800mm、全高1545mmとそのコンセプトを維持しながらも、車両の挙動をアシストするモーションアダプティブEPSやマルチビューカメラシステムなど最新の装備や機能の充実が図られました。足回りや車体剛性など、車の基本的な性能も洗練され、評論家からも多大な賛辞を受けたモデルでもあります。

5代目(現行)オデッセイ(RC1~4型)2013~

5代目では歴代初となる両側スライドドアを採用し、よりミニバンらしい形へと進化しました。全長4,830mm、全幅1,800mm、全高1,685mmとそれまでに比べてより大型化しましたが、超低床プラットフォームも大きく改良され、乗降性や居住性、走りに関してもより洗練された新しいオデッセイの形になりました。足回りや装備面も時代の変化に合わせて進化しており、セダンベースのミニバンとしてのオデッセイの強みをより前面に押し出した自動車への変貌を遂げています。

次ページ 新型オデッセイはどうなる?最新情報を紹介!

carteacher

新車情報カテゴリの最新記事