新型ポルシェ・911スピードスターの市販仕様をついに公開!現行991モデル最後のスペシャルモデル、1948台限定生産!

新型ポルシェ・911スピードスターの市販仕様をついに公開!現行991モデル最後のスペシャルモデル、1948台限定生産!
     
   

出典元:https://www.axismag.jp/posts/2018/10/103249.html

991型ポルシェ・911スピードスターの特徴は? 

出典元:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1126677.html

創業70周年を迎えたポルシェがコンセプトカーとして打ち出したポルシェ・911スピードスターの市販化が決まり、その詳細が明らかになりました。

2018年6月にポルシェが発表した911スピードスターコンセプトカーはシルバーを基調としたもので、フロントに配されたホワイトとのツートンカラーがレトロさを生み出していました。しかし市販が公開されたモーターショーで登場したコンセプトカーは、鮮烈な赤!

モーターショーでは、1988年製ポルシェ・911スピードスターを彷彿とさせるガーズレッドの新型911スピードスターと、それを挟み込む形で兄貴分である930型911カレラ3.2スピードスターと356スピードスターが展示されました。

系譜を重んじるポルシェならではの魅せ方に、多くのポルシェファンが感動したことでしょう。この展示方法は、新型ポルシェ・911スピードスターの「ヘリテージデザイン」と繋がるものだったようです。

【全国OK!】ポルシェでもどんなメーカーも車種もお任せ!新車購入するならイキクルが最大値引きディーラーご紹介!

500馬力のGT3エンジン、ミッションはMT搭載

ポルシェ・911スピードスターのシャーシはパワフルマシン911 GT3のものを受け継いでおり、フラット6自然吸気のエンジンを搭載。実に500馬力超えの走行が実現しています。

6速マニュアルトランスミッションと自然吸気エンジンというコンセプトカーそのものの形で市販される限定車となると、プレミア付加は必至です。

ヘリテージデザインパッケージ

ポルシェ・911スピードスターで初めて取り入れられる予定なのが「ヘリテージデザインパッケージ」です。

ヘリテージデザインパッケージはポルシェ・911スピードスターをより魅力的、より個性的な一台にブラッシュアップさせるべく、ポルシェの内外装のカスタムを手がけるポルシェエクスクルーシブにより開発されました。

伝統や遺産を意味する「ヘリテージ」。その言葉通り、コンセプトカーのホイールはポルシェのレーシングモデルのものに近いデザインを取り入れたり、レトロ感のある砲弾型ミラーを装着するなど、新と古の融合が楽しめるデザインパッケージになっています。

数多くのカスタマイズを手がけてきたポルシェエクスクルーシブのデザインセンスや技術、クラフトマンシップだからこそ生み出せるハイクオリティーなデザインが、ポルシェ・911スピードスターの魅力を更に格上げします。

トノカバーやバケットシートなどカーボン素材採用で軽量化

とにかく軽量化を図っているのがポルシェ・911スピードスターの大きな特徴です。2シーターの後部には1988年製ポルシェ・911スピードスターに採用されていたダブルバブル式のリヤカバーがありますが、カーボン素材で軽量化しています。

また現在のオープンカーでスタンダートとなっている電動式のルーフは採用せず、軽量のカーボン製トノカバーを備えています。更に、クッション性の高いバケットシートにもカーボンを使用。内装ではカーAVや空調すらも省くことが可能になっています。

総重量はオープンになっていませんが、これまでのポルシェ・911スピードスター同様に短く仕上げられたフロントウィンドウボンネットピン仕様であることから、相当な軽量化が実現していると予想できます。

新車情報カテゴリの最新記事