「ロービーム」はもう時代遅れ!? 最新の「ハイビーム」技術とは

「ロービーム」はもう時代遅れ!? 最新の「ハイビーム」技術とは
     
   

2016年10月20日、警察庁は来年3月より「交通の方法に関する教則」に、「交通量の多い市街地を除き、ハイビームを使うべき」と明記する方針を固めたという報道がありました。「ハイビームは対向車の迷惑になるからなるべく使用しない」という認識を持っているドライバーにはなんとも違和感のある話ですが、実は技術の進歩により、まぶしくないハイビームが開発され、すでに実用段階まで達しているのです。今日はそんな最新のハイビーム事情についてレポートしましたので、お伝えいたします!

「え、ハイビームが基本なの!?」意外と知らない夜間のマナー

各社の取り組みの前に、まず基本のおさらいをしておきましょう。皆さんは夜間のライトをどのように使用しているでしょうか。

「ハイビームは対向車や歩行者がまぶしいだろうし、ちょっと使いづらい」という理由から、普段はロービームで走行している人も珍しくありません。しかし、道路交通法では「夜間の走行時はハイビームが基本」と定められています。

警察庁の調べによりますと、2015年、夜間に歩行者が車にはねられた死亡事故は625件で、このうち約96%にあたる527件が、「ロービーム」を使っていたことが分かりました。

ハイビームとロービームでは道路の見え方もまったく異なります。ハイビームが照らすことができる距離は約100メートルですが、ロービームは約40メートル。時速60キロで走った場合、ブレーキを踏んでから停止するまでの距離は約44メートルとされています。つまり、障害物に気付いてから慌ててブレーキを踏んでもよけられないということになるのです。

ただし、人が多い場所ではまぶしくて迷惑になるのもまた事実。対向車が常にいるような市街地ではロービームにするなど、こまめな切り替えが無難でしょう。

いちいち切り替えるのもめんどくさい! そんな声に応える最新ハイビーム技術とは?

ハイビームとロービームのこまめな切り替えが大事というのは分かっていても、いちいち切り替えるのはめんどくさいし、運転に集中もできない! そう思う方もいらっしゃるでしょう。ご安心ください! 実は各自動車メーカーも昨今の事情を受け、ヘッドライト回りの技術の進歩を図っています。さて、それでは一体どのような工夫がなされているのでしょうか。順番に見ていくことにしましょう。

マツダ ALH(アダプティブ LED ヘッドライト)

夜間でも昼間のように見やすい状況を作り出し、誰もがストレスなく安全に運転を楽しめることを理想に開発されたのが、マツダのALHです。ヘッドライトに4ブロックに分かれたLEDを採用し、それぞれのLEDを個別に点灯・消灯できるのが特徴で、主に3つの機能が用意されています。

・グレアフリーハイビーム

時速約40km/h以上で動作する機能で、ガラスに設置されたカメラにより対向車や先行車を検知し、特定ブロックのLEDを消灯することで対向車がいる部分だけハイビームの光量を抑えます。ハイビームを使用していても対向車がまぶしくないので、これなら気兼ねなくハイビームを使用できます。

technology_safety_active-safety_alh_2nd-row_img-ts-1511270201051100
photo by 公式サイト

新車情報カテゴリの最新記事