トヨタからファン待望の新型スープラが16年ぶりに復活!?【ジュネーブモーターショー2018最新情報】

トヨタからファン待望の新型スープラが16年ぶりに復活!?【ジュネーブモーターショー2018最新情報】
     
   

1978年から発売されているトヨタ・スープラは、発売以降多くのドライバーから支持されているスポーツカーで、ゲームなどにも登場するぐらい非常に人気のある車種です。

しかし、最新世代となる4代目スープラが2002年に生産を終了してから、新たなモデルは登場しておらず、今後の発売がないと思われていました。

そんなトヨタ・スープラですが、3月6日からからスイス・ジュネーブで開催されたジュネーブモーターショーで16年ぶりに復活がアナウンスされました。

今回は、現在自動車業界で多くの注目を集めている新型トヨタ・スープラの最新情報をこれまでのスープラの歴史とともに見ていきましょう。

トヨタ・スープラの歴史

初代トヨタ・スープラ:A40型/50型

初代スープラは、1978年から1981年まで製造・販売されていました。

当時はスープラという車種名ではなく「セリカXX」というものでした。日本ではこの車種名で販売されていました。しかし輸出先の国では、このXの連記は適正なものではでなかったため、スープラという車種名に変更され発売することとなりました。

また、今では定番となっているトヨタエンブレムは、この初代スープラから使用されていおり、トヨタの原点とも言える車種です。

1980年に発売されたA50型のスープラは、前モデルであるA40型のマイナーチェンジですが、わずか7か月間しか発売されず、非常に貴重なモデルとなりました。

2代目トヨタ・スープラ:A60型

1981年から発売された2代目スープラは、初代と比較して大きくデザインが変わりました。

初代は、高級感のあるデザインであったのに対して、2代目は非常にスポーツ要素強いものへと変貌。ボディのデザインはよりシャープな形状になり、空力を意識したものへ変更されています。

また、一番の特徴であるヘッドライトのデザインがリトラクタブルヘッドライトに変更され、この部分だけでもスポーティさが感じられますね。

外観だけでなく、内装の装備も大きく変更され非常に充実したものとなっています。スピーカーやウーファーなどのオーディオシステムは非常に凝ったものとなっています。

新車情報カテゴリの最新記事