アウディのフラッグシップモデル新型A8が国内販売開始!お家芸のクワトロに初のマイルドハイブリッド、レーザースキャナーやレベル3自動運転など先進技術も満載!

アウディのフラッグシップモデル新型A8が国内販売開始!お家芸のクワトロに初のマイルドハイブリッド、レーザースキャナーやレベル3自動運転など先進技術も満載!
     
   

出典元:https://japanese.engadget.com/2018/09/05/audi-a8-23-ai/

4世代目となる新型アウディ・A8の特徴は?旧型からどこが進化した?

出典元:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1141638.html

2018年10月15日、アウディA8の新型フラッグシップモデルが発売されました。

名車ひしめくアウディ各モデルの中でも、際立つ気高さと高貴さを感じさせるアウディA8の新モデルは4代目となります。

新モデルの公開とともに車業界の視線を一気に集めた新型アウディA8。前モデルである3代目アウディA8から、どのような進化を遂げたのでしょうか。アウディA8の特徴を詳しく見ていきましょう。

アウディA8から適用されるグレード表記

従来のアウディAシリーズの車名は、モデル名と排気量が併記されていましたが、新型A8からはモデル名と最高出力の表記へ変更されました。

これは、排気量よりも最高性能を重視する現在のユーザーの価値観に合わせた改定といえるでしょう。

まずは新型A8からこの表記が始まり、徐々にその他の車種も改定していくようです。今までの表記に見慣れている方は、一瞬戸惑ってしまう変更ですね。

なお、R8やRS、Sモデルは従来どおりの表記を継続するようです。

パワフルな走行と流れるような発進を支えるエンジンシステム

前モデルであるアウディA8(D4)では上位グレード2種にのみ使われていたターボエンジンを、新型アウディA8では3グレード全てに搭載しています。走行性能に一切の妥協がないという宣言と取れますね。

また、マイルドハイブリッドシステムを全グレードに採用し、従来と比較して燃費が低減されています。

ハイブリッド車ならではのスムーズな発進・停止は、アウディA8の品格をさらなる高みへと押し上げることにも一役買っている印象です。

これから先、アウディも他社と同様にハイブリッド車や電気自動車の開発へ注力していくことになるのでしょうか。

レベル3の自動運転を前提としたレベル2自動運転と進化したセーフティーアシスト

新型アウディA8の目玉とされたレベル3相当の自動運転機能。車業界関係者の多くが注目していました。

しかし、日本はもとより海外でも法整備が追いつかないことから、実用ではレベル2相当となっています。

思い描いた未来に手が届く先進の自動運転テクノロジーですが、ハード面ではなくソフト面が律速点となってしまっている状況です。

安全性の観点では、アウディA8(D4)にはなかったレーザースキャナーを搭載。捉えた物体の形状を判別することが可能になりました。

これに加え、従来の超音波やレーダー、カメラなど20を超えるセンサーで危険を回避します。もちろん、「万が一への備え」に留まりますが、安全安心のドライブタイムを過ごすことができます。

コントロールパネルは2画面タッチスクリーン

これまでの車種にもMMIタッチレスポンスと呼ばれるタッチ式パネルが採用されていましたが、新型アウディA8では更にその上をいく2スクリーンを搭載しています。

下スクリーンでタッチ操作、上スクリーンに情報表示、いずれも画面が広くとられているので、運転中も操作しやすい形といえるでしょう。

新車情報カテゴリの最新記事